■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

新聞記事紹介
     佐賀新聞記事(2011.01.09)

百年を経てもきちんとひらきますように この永年草詩篇    笹井宏之


今日の佐賀新聞(22面)に大きく作品集・第二歌集出版と
22日の追悼朗読会開催の紹介記事を載せていただいた。

年末自宅に取材に来ていただき、年明けて朗読会のことを
話したら記事に追加して紹介して下さいました。

明日は福岡から別の新聞社の方が取材に来て下さいます。

一人でも多くの人に宏之の歌を読んでいただきたいと思って
いますので、大変ありがたいです。

友人・知人から宏之の作品集が紹介されていたとの情報を
お寄せいただいています。

「海に吹く風」
「稀な晴れ-読書、呟き、痕跡-より」

ありがとうございました。

ひぐらしひなつさんのブログより
「夜は笹井宏之くんの『えーえんとくちから』を繙く。
第一歌集に収録されていた歌たちも連作のまとまりから
ほどかれて、ひとの手によって編みなおされたもの。
その是非は問えないけれど、作者の意図しない魅力も
生まれているのだろうと、そのことを念頭に置いて、
繰り返し読む。」


いろいろな人の心に、さまざまな思いで宏之の歌が
読み継がれ、宏之が生き続けてくれれば・・・
そう願っています。

寒い日が続いていますが、皆さまのご好意で心温かい
今日この頃です。

残照 | 21:09:19 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
こんばんは(^^)
先ほどAmazonを見たら、第二歌集がすでに「発売予定」とのことでしたが
もう発売日もはっきり決定したということでしょうか?
何はともあれ、連続刊行、おめでとうございます。
2011-01-09 日 22:06:06 | URL | 瑠璃 [編集]
瑠璃 様
いつもありがとうございます。

第二歌集『てんとろり』ですが、明日、書肆侃侃房の方が
我家に来られますので、進捗状況がわかります。
24日までには間に合いそうだとおっしゃっていました。
2011-01-09 日 23:23:02 | URL | 笹井の父 [編集]
ありがとう
百年を経てもきちんとひらきますように この永年草詩篇 

筒井宏之さん。私も同じ事を思って生きています。
沢山の方のお力を頂いて、
今 貴方様の作品と一緒に日本外国特派員クラブで展覧会が始まりました。

それから、沢山の出版おめでとうございます!本当に嬉しく思いました。
そして、貴方は何て素晴しいご家族に恵まれているのでしょう!!

貴方の歌は、たくさんの心に刻まれて。永遠に新しい命を与え続けるでしょう。
本当に会えて良かったです。たくさんの方がそう思っていますネ。
ではでは、これからも よろしく。
2011-01-10 月 02:00:08 | URL | ムムリク [編集]
ムムリク 様
いつもありがとうございます。

いよいよ新春の展覧会始まりましたね。
本当におめでとうございます。
ART日記から少し会場の雰囲気が伝わって
きています。
プレスクラブの記事にも書いてありましたが、
「新しい年が笑顔とともに始まりますように」
というムムリクさんたちの思いが、ご来場の
皆さんにも、有田にも伝わっていますよ。

すてきな展覧会の開催を心からお祝い申し
上げます。

私たちもムムリクさんの絵に出会えて本当に
よかったです。

今年もよろしくお願いします。
2011-01-10 月 08:37:51 | URL | 笹井の父 [編集]
このたびは私のブログにご訪問いただきなんと言うか・・感激しています。
私のささやかなブログを見てくださっている方のなかに笹井さんのお父様とつながりを持っている方がおられるなんて。
「仔細」は宏之さんが亡くなられた時少し読んで・・最近また拝見しております。
FさんやIさんのブログから(こう書いたら解っていただけると思います)「えーえんとくちから」の発刊を知り買いました。
ご命日に発刊の「ひとさらい」「てんとろり」も買って読ませていただきますね。
宏之さんの歌を繰り返し読むと、心が洗われます。
感想を書くと長くなります、また自ブログで書かせていただきます。
思いがけず出来たご縁を思いつつ
2011-01-10 月 15:29:37 | URL | 沙羅 [編集]
沙羅 様
ありがとうございました。

沙羅様のブログにも時折立ち寄らせていただきますね。

これからもよろしくお付き合いください。

2011-01-10 月 17:47:39 | URL | 笹井の父 [編集]
慌てていてブログの名前を間違えてしまいました。
申し訳ありません。
お名前にちなんだ『些細』でしたね。
これからもどうぞよろしくお願いします。
2011-01-10 月 18:06:41 | URL | 沙羅 [編集]
たびたびすみません……
お恥ずかしいのですが
これを笹井お父様にお聞きするのも筋違いかとは思いますが

第2歌集のほうの、何やら難しい漢字の出版社様……は

何て読むんでしょうか(>_<)

教えていただければ幸いです……m(_ _)m
2011-01-10 月 19:42:28 | URL | 瑠璃 [編集]
瑠璃 様
失礼しました。

私も初めてお聞きしたときには
読めませんでした。
書肆(しょし)侃侃房(かんかんぼう)
と読ませるそうです。

パソコンで打つと変換しましたので
ちょっと驚きました。

今日お会いしましたが、帯・表紙などの
最終装丁を持ってこられ、22日が朗読会
ですので、我家には21日に届けていただ
けるとのことでした。
書店での販売もその頃になるようです。
2011-01-10 月 23:29:51 | URL | 笹井の父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する