■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

とんばい塀
          桂雲寺脇のとんばい塀(2010.11.23)


「足元はやっぱり道で、どこかへと通じている道で、どこですかここ?」

                     ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 より ~




有田内山の通りから5分ぐらい上ったところに、先日紹介した谷窯古窯跡があり、
そこを少し下ると古い「とんばい塀」の小道があります。(上の写真)

そこを抜けると「有田陶器市」発祥の地である桂雲寺に出ます。

私たちも滅多に通らない道ですが、この辺り一帯を散策すると、なかなか風情
のある有田を垣間見ることができます。


因みに「とんばい」とは、古い登り窯を壊した時の煉瓦や窯道具などの廃材の
総称で、それを再利用して塀が作られています。

メインストリートから一筋入った有田の路地裏に「とんばい塀」が残っています。

有田の人は昔からエコロジーを実践してきたのですね。


     谷窯古窯跡2(2010.11.23)
     (写真:谷窯古窯跡 2010.11.23撮影)


残照 | 03:37:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する