■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

山茶花
          山茶花(2010.12.2)
          

雨のあさ命拾いにゆくひとへしっかりとしたかごを持たせる

                  ~ 笹井宏之 『温帯空虚』 より ~



12月になりました。

一昨日の雨と昨日の突風で紅葉が葉を落としました。

代わって、玄関脇には山茶花の白い花。

季節の移ろいは無慈悲。



二度目の冬を迎えます。


(写真:玄関の山茶花 2010.12.2撮影)

残照 | 04:31:04 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
初めてコメントさせていただきます。

この歌は笹井さんの歌の中で、かなり好きな一首です。

私の中では、かごを受け取った人が強い靄のかかった海の波打ち際に、かけらのような命を拾い行く…というイメージがあります。

これからも、心に響く笹井さんの歌を紹介して下さい。
2010-12-05 日 05:25:42 | URL | もふ@緑モケット [編集]
もふ@緑モケット 様
コメントありがとうございます。
宏之の歌からいろいろな情景をイメージしていただけること、
宏之が皆さまの心の中で蘇るひと時です。

いつまでも宏之の歌が皆さまの心に残ってくれますように、
と願っています。
2010-12-05 日 09:21:08 | URL | 笹井の父 [編集]
美しい花ですね。


何度読んでも読み尽きることのない、笹井さんの歌のやうです。


美しく、儚くても、胸から消へることがありません。


寒くなりますが、ご自愛くださいますやうに。

2010-12-06 月 11:35:52 | URL | 麦です [編集]
麦です 様
ご丁寧にありがとうございます。

かように宏之の歌をいつくしみいただいております
ことに、こころから感謝申し上げます。

私たちも宏之への思慕は薄れることはなく、ともに
生きていこうと思っております。

これから何かと気忙しく、寒さも一段と厳しくなって
まいります折柄、ご自愛くださいますように。

ありがとうございました。
2010-12-07 火 00:55:04 | URL | 笹井の父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する