■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

秋深し・・・
     新潟市のけやき通り

楽歌三昧 092:ホテル より

さむがりのたましいたちを宿らせてけやきホテルの夜が明けてゆく
~ 笹井宏之 (【温帯空虚】) ~
 

あったかそう。
けやきの木って大好き。落ち葉が嫌われる上に丸裸になっちゃう冬も。
大きなけやきの木の中にほこっと一晩もぐりこんで寒い夜をやり過ごす「たましいたち」。
たくさん寄り添うように宿っているからけやきもほっこり暖かくなる。
「宿らせて」という言葉が「たましいたち」と「けやきホテル」をそんな景色に結びつける。
普通のホテルと人間の景色として読むのはもったいない気がした。
優しい絵の絵本を読んだような気分。

(写真:新潟市のけやき通り ネットからお借りしました)




だいぶ秋も深まってきました。
有田の方も紅葉が少し色づき始めました。

     泉山大公孫樹
     (写真:泉山大公孫樹ととんばい塀)

11月は「秋の有田陶磁器まつり」があります。
今年で第6回を数え、有田の秋の風物詩として
定着してきました。
前半の10月31日~11月3日までは、有田の
中樽地区で「うーたん秋の窯まつり」が開催され、
初日(31日)は私も、午前・午後の2回「碗琴」
の演奏を行いました。

今日(3日)も、肥前佐賀出身の売茶翁に因んで
今年6月に佐賀市内に建てられた「肥前通仙亭」
という館で、午前11時と午後1時の2回、各々1時間
の「碗琴コンサート」でした。
地元のテレビ局・ラジオ局と新聞社が取材に来ていて
夕方のローカルニュースでコンサートの様子が放送
されました。

11月20日~24日は有田町全域で「第6回秋の有田
陶磁器まつり」
が開催されます。
泉山の大公孫樹(国の天然記念物)と泉山磁石場近くの
有田町歴史民俗資料館の紅葉がとてもきれいです。

秋の有田の街並みをゆっくりのんびり散策してみませんか。

有田観光情報センターからのお知らせでした。

     第6回秋の有田陶磁器まつり
スポンサーサイト


残照 | 20:40:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad