■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

誕生日(10月28日)
          ミニバラ(2010.10.28)


ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

  ~ 笹井宏之 『かばん』2008年1月オンライン歌会自由詠 より ~ 
 



昨日(28日)は和子さんの誕生日でした。

あいにく、早朝より福岡出張で夜遅く帰宅。
仕事が終わり地下鉄に乗ろうと福岡天神を歩いていると
とある花屋さんでミニバラが目に入りました。

和子さん、赤が好きなので、真紅の薔薇にしました。

かろうじて28日中に届けることができました。



          絵本(2010.10.28)


読みさしの本に真夏を挟み込み書棚のすこし奥にしまった

  ~ 笹井宏之 『かばん』2006年9月歌会自由詠 より ~
 


次男孝徳もプレセントの絵本を準備していました。
私の帰りを待ってくれていて、夜中に一緒に渡しました。

「ひぐまのあき」(絵と文 手島圭三郎)。


5年位前、和子さんがある会で朗読を頼まれ、手島圭三郎の「おおはくちょうのそら」
を取り上げました。絵本のスライドを映しながら、その物語と情景に合わせて孝徳が
曲をつけてくれました。
物語は9章からなり、プロローグからエピローグまで9つのシーン毎に、すばらしい曲を
作ってくれました。かなり完成度の高い作品だと私は評価しています。

朗読する当日の本番直前に最終的な曲が完成しCDを仕上げました。
もしかしてCDが間に合わない場合を考え、宏之がキーボードをかかえ、
会場でスタンバイしていました。
宏之は一緒にストーリーを何度も聞いていましたので、即興で演奏できました。

本番30分前に孝徳がCDを会場に届けました。


和子さんの朗読もすてきでした。


最近和子さんが孝徳の曲(CD)に合わせて「おおはくちょうのそら」の朗読を始めたので
そっと「ひぐまのあき」の絵本を取り寄せたようです。


     誕生日プレゼント(2010.10.28)


U-mmm・・・・

このプレゼントはどう見ても「孝徳の勝ち」です。


そして今日(29日)、もう一つすてきなプレゼントが我が家に届きました。

          生命の回廊Vol.2

『生命の回廊 VOL.2』(2010年11月発行)

編集・発行は伊津野重美さんです。

この本につきましてはまたあらためてご紹介します。


伊津野さん、ご執筆いただいたみなさま、関係者の皆様方に
心よりお礼申し上げます。


          へやほう(2010.10.28)


またまた、「へやほう」がにぎやかになってきました。


先週、買い換えたパソコンのメールとブログ作成の環境が
やっと整い、初ブログです。

まだ慣れていませんが、約一月不義理していたみなさまに
少しづつお詫びの返信を、と考えています。

今しばらくのご猶予をお願いします。
     

残照 | 23:59:14 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
筒井さん、和子さん、おはようございます。

毎回、宏之さんの短歌とコラボの写真は自分のガサガサした気持ちをリセットする時で楽しみにしています。
心のオアシスですね。

和子さんの澄んだ声での朗読も素敵でお話に引き込まれて行った事でしょうね。
音楽付きでお話の膨らみも増した事と思います。

急に寒くなりました。
和子さん、風邪など召されません様にご自愛下さい。
2010-10-30 土 06:43:18 | URL | つるさわ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-10-30 土 13:23:48 | | [編集]
つるさわ 様
ご無沙汰しています。

昨日、久しぶりに咲っ子さんから電話がありました。
相変わらず元気でした。

昨日は有田、今日は嬉野で碗琴演奏でした。
明日は「秋の有田陶磁器まつり」の前半で、中樽の
「うーたん通り・秋の窯まつり」会場で午前11時と
午後2時の2回コンサートです。

碗琴三昧の今日この頃です。

だいぶ寒くなってまいりました。
ご自愛くださいますように。

コメントありがとうございました。
2010-10-30 土 22:20:16 | URL | 笹井の父・母 [編集]
読めば読むほどに「筒井家」の家族の繋がりの温かさに感動しています。
本当に素敵なご家族ですね。羨ましい限りです。(*^^*)

遅ればせながら・・
 奥さまのお誕生日おめでとうございます♪


お忙しい毎日の中、ちゃんと誕生日を覚えていて
奥さまの好みも知っていての
赤いミニ薔薇もとても素敵だけれど
筒井さまが書かれているように
どうやら誕生日プレゼントは孝徳さまの勝ちですね。笑


私はよく短歌が理解出来ないでいるのですが(^^ゞ
筒井さまが撮られた写真に添えられた短歌を読むと
その言葉が心の中に入っていくような・・
不思議とその歌の気持ち(!?)が分かるような気になるのです。

ありがとうございます。
2010-11-01 月 16:34:04 | URL | 日向日和 [編集]
日向 日和 様
ありがとうございます。

秋も深まってきて、有田の方も少し紅葉が
色づいてきました。

今日も佐賀市の売茶翁に因んで建てられた
通仙亭という館で碗琴演奏会でした。
地元のテレビとラジオ局数社と新聞社が取材
に来ていて、夕方のローカルニュースでコンサート
の様子が放送されました。


私も宏之の歌を読んでから、何となくイメージ
した写真を選んでいます。

何となくです・・・・・・
2010-11-03 水 20:33:17 | URL | 笹井の父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する