■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

図書館
     伊万里市民図書館4(2010.10.10撮影)
     (写真:伊万里市民図書館の宏之のコーナー 2010.10.10撮影)

この森で軍手を売って暮らしたい まちがえて図書館を建てたい

~ 笹井宏之 『ひとさらい』 より ~



伊万里市にある伊万里市民図書館に入ってすぐのところに、
1年半ほど前から宏之のコーナーを作っていただいています。

亡くなる5年以上前から毎週、伊万里市内のとある病院に
カウンセリングに通っていて、その帰りにいつもこの図書館
に立ち寄っていました。
主に短歌に関する書籍を借りてきていましたが、読みたい本
がない時は、他の図書館から取り寄せていただいたりもして
いました。
短歌に関しては、ある意味この図書館に育てていただいたと
思っています。

     伊万里市民図書館1(2010.10.10撮影)


先週の土曜日(9日)に家内の父の一周忌を済ませ、翌10日に
家内と宏之の大切な友人の三人で伊万里市民図書館を訪ねました。
『ひとさらい』だけではなく、新聞や雑誌などに掲載された記事
なども丁寧に紹介していただいていました。
家内は数回訪れていましたが、私は宏之が亡くなってから訪ねて
いませんでしたので、一度ご挨拶に伺ってお礼を申し上げたいと
思っていました。

     伊万里市民図書館3(2010.10.10撮影)


館長さんとこのコーナーを作ってくださっているご担当の方に
お会いし、お礼を申し上げることができました。
館長室に通していただき、しばらくお話させていただきました。

ご担当の方は宏之のことを、
「今は若い方でも短歌に関する書籍を借りられる方が増えてき
ましたが、当時はまだ若い人で短歌の本を借りる方が少なかった
ので印象に残っています」
とおっしゃって下さいました。また、
「私たちの図書館を利用してくださった方を紹介するのは当然の
ことです」
とおしゃられたこの一言が、私たちの心に沁みました。
とてもありがたかったです。

きれいなイラストととも宏之の短歌が数首紹介されていました。


その中に私たちがとても大切にしている歌がありました。


          伊万里市民図書館2(2010.10.10撮影)


葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある     筒井 宏之

スポンサーサイト


残照 | 00:41:37 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
素敵なコーナーが出来ていますね。(凄い私好みです♪)
そして館長さんや担当の方々の温かい心遣いが本当に有り難い事です。
心に沁みる・・同感です。


「葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある」

何度も書くようですが
この短歌に惚れていて・・
それが載ったのを切欠に書き込みを始めたように思います。(^^ゞ

2010-10-13 水 11:18:36 | URL | 日向日和 [編集]
クオリア
 
ご無沙汰しております。

砂子屋書房の日々のクオリアで、大松さんが素敵な評を

書かれていますのでお知らせ致します。
http://www.sunagoya.com/tanka/

11月は陶器市の季節で、愉しみにしています。
2010-10-19 火 10:36:32 | URL | 今泉洋子 [編集]
日向 日和 様
このブログもパソコン不調のため
10日ほどお休みしていました。

いつもありがとうございます。

先日いただいた写真使わせて
いただきますね。

2010-10-22 金 22:30:27 | URL | 笹井の父 [編集]
今泉 洋子 様
少しご無沙汰でした。

大松さんの素敵な評をご紹介いただき
ありがとうございました。
私もこの歌は何となく気になっていた歌の
一つです。

11月は「秋の有田陶磁器まつり」があります。
前半の10月31日からは「うーたん通り」の
窯まつりが始まり、初日(31日)には碗琴演奏
も頼まれています。

いい季節になりましたので、有田の方へもお出かけ
下さい。
2010-10-22 金 23:02:16 | URL | 笹井の父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad