■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

『紙ピアノ』を読む
『紙ピアノ』
2006年
風媒社
著・伊津野 重美
写真・岡田 敦


カラー写真に短歌の添えてあるページがあるという、ぱっと見きれいな歌集。
でも読んでいくうちに、作者はこころやからだにつらいものを持ち、
かなり厳しい闘病生活を送っている(あるいは送っていた)ことが分かります。


 ハレーションおこした街に眩み立つ ましてあの世は目映き荒野

 皮膚を張る骨盤に性の名残おく拒食患者と共に湯に入る

 ブラインドの羽傾けて天上の光を入れる 強く生きたい



一首一首を読んでいくというより、歌の向こう側にいる作者の姿がどんどん見えてくる、それを追いながら、読んでいく本、読ませていく本です。

個人的なことですが、途中からは、つらくて冷静に読むことができませんでした。それでも歌集を放り出せなかったのは、この歌集から目をそむけることは、作者の、というより、すべての人を取り巻く現実、こころから目をそむけることになるように思われたからで、


 肉のうち深くから出づ指の骨 ただ抱きしめてほしかったこと


中盤くらいまでは、この歌がいちばんの絶唱だと思い読みすすめていました。
後半、少しずつ光へ向かう作者が見えてきます。


 うすべにがうれしいのです一心に蘂降り注ぐ道のやさしさ


作者は、おそらく激流ような絶望を受け入れ、
そこからひとすくいの希望を見出すことができたのでしょう。


 眩しがる瞳よ ああ なんという不思議 あなたがわたしを愛し始める
 (*ルビ 瞳=め)


あえて、もっともまぶしかった歌は引きません。
この歌集に収められている歌は、誰のこころにも存在しえる、苦しみ、悲しみ、
そして、希望です。

短歌 | 10:29:01 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
私も『紙ピアノ』を読んでみたいと思いました。
2013-03-20 水 15:42:00 | URL | S [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する