■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

一周忌追悼コンサート
宏之


滝までの獣の道を走り抜けあの子は歌手になるのでしょうね   

                          笹井宏之『ひとさらい』より



1月24日、宏之のための追悼コンサートを開催しました。

たくさんの人に集まっていただきました。

当日、たくさんの人にコンサートを支えていただきました。




1月24日、宏之の一周忌を迎えました。

たくさんの人にことばをかけていただきました。

この一年、たくさんの人に私たちを支えていただきました。



たくさんの人に、たくさんのたくさんのありがとうを

心から。



そして、宏之に ありがとう。



コンサートの様子を知人の風竿様が、ご自分のブログで
丁寧に紹介してくださいました。写真もお借りしました。

風竿の「人生の達人」列伝>


ピアノを弾いている宏之の写真はコンサートのプログラムの表紙に
モノクロで使いました。
会場に展示したものを風竿さまが撮ってくださいました。



残照 | 03:25:23 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
風竿さまの所に伺ってきました。
素晴らしい一周忌法要・・追悼コンサートが開かれたご様子を知らせて頂きました。
風竿さまに感謝です。

宏之さん・・微笑んで
聴いて下さっていたでしょうね。

こんなに沢山の方々に慕われていたのを
改めて喜んでいらっしゃる・・
そんな風に感じました。


宏之さまがお父様に託された物・・
色々あると思いますが
素敵なものだと思います。


これからも見守らせて下さいませ。

2010-01-26 火 18:53:47 | URL | 日向日和 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-26 火 21:39:28 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-26 火 22:41:36 | | [編集]
アクセスが
追悼コンサートのことを紹介した日はアクセスが千百近くもありましたよ。驚きです。
今でも心の中が凍みるような、いいライブでした。想いがいつまでも残るライブとは珍しいのです。
2010-01-28 木 17:59:53 | URL | 風竿 [編集]
日向日和 様
ありがとうございます。
風竿様のおかげで、日向日和様のところにも当日の様子がお届けできてとても嬉しいです。

いつもやさしく見守っていただいておりますことに感謝です。
2010-01-28 木 23:44:07 | URL | 笹井の父 [編集]
風竿 様
宏之との繋がりが、このような形でやさしく、やわらかく広がっておりますことを、とても嬉しく思っています。

いつかゆっくりお話できればと思っています。
本当にありがとうございました。
2010-01-28 木 23:46:27 | URL | 笹井の父 [編集]
24日、埼玉の空も澄んだ水色でした。
空を見て、有田の様子を想像しながら、宏之様のご冥福を祈っていました。

とても素敵なコンサートだったようですね。
風竿様のブログも拝見させて頂きました。
優しい、暖かな空気を感じました。

「お父様は、宏之さんと400名のお客様の為に演奏されたのではないか。」と、母が申しておりました。

私は、それに加えてお父様自身の為にも演奏されたのではないか、そんな気がします。

宏之様とお父様のお二人のブログを、読んで、聴いています。

更新が楽しみです。






2010-01-29 金 17:58:14 | URL | araki- m [編集]
araki-m 様
あたたかいコメントありがとうございました。

このブログを「読んで、聴いて」いただき、
宏之と一緒に喜んでいます。

お母様にもよろしくお伝え下さい。
2010-01-30 土 06:06:50 | URL | 笹井の父 [編集]
音楽
リンクから、風竿さんのブログを訪ねました。

私は東京の端に住み、貧しくて、残念ながらとてもお伺いする事は叶いませんでしたが、少しでもコンサートの空気を呼吸出来ればと、追悼コンサートの風景の画像、端正な風竿さんの文章と共に、何度も繰り返して見つめ、読み、耳をすませました。

一度だけ聞く事の出来た、NHKの番組での碗琴の音色が、幽かに聞こえて来るようでした。

青く明るい空に、遠く心に、温かく響いた事でしょう。

宏之さんも、共演していましたね。
きっと。

♪ブログの更新を、いつも楽しみにしています。また来ます。

サトウ
2010-02-01 月 20:25:14 | URL | サトウ [編集]
佐賀へ
その日、行っていました。
父、木村芳包の墓に、叔父、古賀洋一郎(詩「長崎が一番熱くて一番涙した日」詩集「おにぎり は すりすり」)の墓に。

大分に帰る前、江北町の古賀小児科の叔父と話していたのですが・・・
行けなくてすみません。(行きたかったのですが・・・)

久し振りに現代詩手帖買って、歌集「ひとさらい」や『生命の回廊』を取り寄せています。
失礼致しました。

(1/20の佐賀新聞に詩集「おにぎり は すりすり」を、取上げて頂きました。佐賀の人は、あったかい♪)
2010-02-01 月 21:10:16 | URL | にぎにぎ [編集]
サトウ 様
碗琴の響きを東京のサトウ様のもとへもお届けできたのであれば
とても嬉しいです。

ご丁寧なコメントありがとうございました。
2010-02-02 火 23:38:19 | URL | 笹井の父 [編集]
にぎにぎ 様
時折、ブログにお邪魔しご活躍の様子を拝見しています。

『ひとさらい』と『生命の回廊』もお取り寄せていただいている
とのこと、ありがとうございます。


24日は佐賀に来られていたんですね。

いつかお会いしたいですね。
2010-02-03 水 00:03:40 | URL | 笹井の父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する