■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お彼岸
彼岸花2(H21.9.23)


今日はお彼岸の中日。

我家の裏庭の草払いをしたら
今年も咲いていました、
彼岸花があちらこちらに。

煙突の周りにも
やっぱり・・・・・・

彼岸花


毎年、忘れずに
この時期、この場所に
咲いてくれるんですね。


今日は朝から武雄市にある
お寺の本堂で碗琴演奏を
頼まれました。

宏之が母(祖母)のためにフルートで
吹いてくれた「浜辺の唄」を

今日は私が宏之のためにオカリナで
「浜辺の唄」を吹きました。



冬ばつてん「浜辺の唄」ば吹くけんね ばあちやんいつもうたひよつたろ

  筒井 宏之 平成18年度佐賀新聞読者文芸年間賞 短歌部門最優秀賞受賞作品

(写真:今日9月23日撮影した我家の彼岸花)



残照 | 18:23:31 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
こんばんは。
秋ですね。彼岸花は子ども頃は「毒花」と聞いていたから
ちょっと怖く感じていたのですが
デジカメ写真を撮るようになって
被写体として眺めているうちに
妙に愛着が湧くようになってしまいました。(^^ゞ


彼岸花を「曼珠沙華」と漢字で表す方が
仏教的な雰囲気が漂いそうです。
でも本当にお彼岸に合わせたように咲く花ですよね。
亡くなった方の霊を温かく迎えてくれているのでしょう。
今夜は特に三年前に亡くなった母が恋しくてなりません。


碗琴の演奏を私もいつか生で聴くことが出来たら・・
そんな夢を持っていたいと思います。(*^^*)


お忙しいとは思いますが
この「些細」をひとつの絆・繋がりとして
引き続いて書いていって下さいね。
2009-09-23 水 20:32:08 | URL | 日向日和 [編集]
テレビで 初めて知りました
詩のことは 良く分かりませんが 心が ほっこリ暖かくなりました
ありがとうございます
2009-09-27 日 08:56:29 | URL | かよちゃん [編集]
はじめまして。
いま、NHKで笹井さんの番組の再放送を見ました。
さっそく訪問させていただいた次第です。
紹介された短歌の数々に圧倒されました。

この煙突は、窯のものですか。彼岸花とよく合いますね。
ブログを続けてくださること、嬉しい限りです。

冬用の布団で父をはさんだらとても素敵な学期になった

息子として、父への最大の愛情が篭った歌だと思います。

また、立ち寄らせてください。
2009-09-27 日 09:00:13 | URL | 少納言 [編集]
初めて息子さんの存在を知りました
初めまして・・・・。隣町に住んでいます。

日曜の朝、何気なく観ていたNHK
しばらくして釘付けになりました。
隣町の有田にしかも身近な武雄高校の卒業生で
こんな素晴らしい歌人が居たなんて・・・。

今から宏之さんの歌をじっくり味わっていきたいと思います。
また、短かった彼の足跡を顕彰する活動も始めたいと思いました。
機が熟せばの話ですが
彼の歌碑を母校の武雄高校に建てましょう。

それから、私の拙いブログにブックマークリンクをさせて頂いても
よろしいでしょうか・・・。
初対面というかお父様のことは遠くから見知ってはいましたが・・・
「ぶしつけ」なことお許し下さい。
2009-09-27 日 09:49:34 | URL | 風竿 [編集]
有田出身です・NHKWORLD拝見しました
中国の天津在住です

9月27日放送のNHKWORLDをみました。この番組ではじめて 筒井さんのことを 知りました。

すでに 他界されたとのこと、残念でなりません。

でもこの出会いを大切にして ときどき ブログにおじゃまいいたします。



私、ふるさとを離れて27年になりますが、いつも有田のことは気にかかっています。ニュースで陶器市の様子が流れるとテレビに走って行くほどです。

しかも宏之さんは 母校武雄高校の後輩だったのですね。
今日も テレビの前で、 釘付けでした。

放映をしていただいて 本当にありがとうございました。

遠くふるさとを離れていますが、 こうして、ちかくに感じられたこと

そして 笹井宏之という 感性豊かな 若者を育てたのが 有田だということに 誇りを感じます。



そして、お父様、これからも 碗琴の音色を奏でていってください。

そして、いつか ふるさとで、生の演奏を聞かせていただける日を
楽しみにしています。




2009-09-27 日 11:14:28 | URL | ジャスミン茶 [編集]
ありがとうございました。
日向日和 様
おはようございます。

「赤い花なら 曼珠沙華・・・v-341
という歌がありました、少し古い歌ですが・・・

昨日は北九州市まで碗琴演奏に出かけましたが
道すがら「曼珠沙華」がとてもきれいでした。
白い花もあるんですね、新発見でした。

先ほどNHKのディレクターさんからメールがあり

「ハイビジョンふるさと発」の再放送が決まったそうです。

「あなたの歌に励まされ~歌人・筒井宏之 こころの交流~」
アンコール 10/3(土) 8:00~8:43 (BShi 全国)

海外配信は11月で今調整中だそうです。
番組がとても好評で、アンコール・再放送が続いてようです。
放送枠が取れた時点で、私に連絡が入っています。

よろしかったらご覧下さい。



かよちゃん 様

ありがとうございます。
私たちも「ほっこリ」させてもらっています。



少納言 様

はじめまして。
煙突は、我家はもともと100年ほど続いた窯元でしたので
窯の煙突だけは敷地内に残しています。

私は音楽、特にいろいろな楽器を演奏するのが好きでしたので、
宏之も小さい頃から家にあるピアノ、ギターなど私と一緒に、
いろいろな楽器に親しんでいました。
中学校ではブラスバンド部に入り、フルートを始めました。

私も「冬用の布団で父をはさんだら・・・・・・」の歌が心に響いています。



風竿 様

はじめまして。

私たち夫婦は武雄高校の音楽部の同級生です。
風竿様は私たちの後輩になられますよね。

宏之は武雄高校入学後、2学期から症状がでましたので
1学期間しか高校には通えませんでした。

母校に歌碑をとの話、お気持ち大変うれしく思います。

リンクしていただけるということも、大変うれしいです。

ありがとうございました。
2009-09-27 日 11:22:17 | URL | 笹井の父 [編集]
ジャスミン茶 様
「NHK WORLD」でも今日放送されたのですね。
中国の天津でも見ていただき、また世界中の方に
見ていただいていることに驚いています。

有田を離れられて27年とのこと。
私も、わが町有田の方が、また母校武雄高校の卒業生が
世界各国で活躍されていることに誇りを感じます。

6月に中国上海在住の碗琴奏者 巫洪宝(ウーホンバオ)さん
が有田に来られましたので、「日中碗琴奏者交流演奏会」を
有田のチャイナ・オン・ザ・パークで開催しました。
「是非、今度は中国で共演しましょう」と話しました。

巫洪宝さんの娘さんで、日本でも活躍されている二胡奏者
巫謝慧(ウエイウエイ・ウー)さんも一緒に来有され、彼女の
すばらしい二胡の音色に感動しました。
NHK「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」のエンディング・テーマ
の二胡は彼女の演奏です。

有田にお帰りの際は、是非有田焼の澄んだ音色を聴いて欲しいと
思っています。

今後のご活躍を祈念しております。
2009-09-27 日 15:16:28 | URL | 笹井の父 [編集]
始めまして
先程NHK worldにて笹井(筒井)宏之さんの事を始めて知りました。天津の方も時間帯が違いますがご覧になったのでしょう。私は香港に足掛け26年駐在生活を送っていますが、彼は私の駐在員生活に満たない年齢で夭逝してしまったのですね。NHKでは英文の訳も併記してありましたが、外国人にもとてもわかり易い歌だと思いました。引き金を引けば小さな花束が飛び出すような明日を下さいにはまいりました。ご冥福をお祈りいたします。
2009-09-27 日 18:11:53 | URL | ハリネズミ [編集]
ハリネズミ 様

はじめまして。香港でも見ていただいたのですね。
ありがとうございました。

宏之の歌がどのように英訳されたのか興味深いですね。
宏之も英語に関心があり、彼の作った短歌や川柳を
私なりに英訳し、それを二人で
「この表現はこんなニュアンスじゃないの」
「こんな解釈の仕方もあるのでは」
などと盛り上がっておりました。

とても楽しい時間でした。

今後のご活躍をお祈り申し上げます。
2009-09-27 日 20:53:52 | URL | 笹井の父 [編集]
出会いはささいな思いつきから・・・
笹井の父様・風竿様

こんな偶然があるとは、とても驚いております。

あの音楽室で 歌声を響かせていたお仲間に こんなところで出会うとは、本当に驚いています。

あの番組を見なかったら、HPを開かなかったら、コメントを読まなかったら・・・

こうして 同窓生に出会えなかったと思います。

あらためて 宏之くんに 感謝です。 謝謝。

2009-09-30 水 23:42:16 | URL | ジャスミン茶 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する