■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お礼
宏之が旅立ってから100日が過ぎました。
私たち家族にとりましては長い長い100日でした。

その間たくさんの方々から慰めと励ましのおことばを頂戴しました。
遅くなりましたが心よりお礼申し上げます。

残してくれたこの『些細』のブログをどうするか迷っていました。

ブログに不慣れなせいもありましたが、これまで心の整理がつかず
どうしても宏之のパソコンを開く気持ちになれませんでした。

やっとコメントを書き込める段階までたどり着きました。

26年という短い一生ではありましたが、私たちにたくさんのものを
残してくれました。

このブログは宏之が心身の病と懸命に闘い、そしてやさしく丁寧に
生きてくれた26年間の証でもありますので、もう少し残してあげたい
と思います。


残照 | 05:57:12 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
ありがとうございます。
おつらいのに   ありがとうございます。
言葉がこれしか見当たりません。

笹井さんは私の心の中で ずっと生きててくれます。
ご家族の皆様、ほんとうにありがとうございます。
2009-05-05 火 13:13:57 | URL | 吉田千春 [編集]
笹井さんのお宅のネコさんは お元気ですか?

うちには24歳になる猫がおります。
まだまだ元気です。

こんな他愛のないお話をしたかったです。
2009-05-11 月 15:24:46 | URL | 吉田 [編集]
Re: タイトルなし
吉田 様

ありがとうございました。

それにしても24歳とはすごいですね。

我が家には8歳のみーたん(先日のテレビにでていた白い猫)を頭に、7歳のごんた(ブログの写真の猫)、それに3歳半ののんちゃん(交通事故に遭って家の庭先にたどりつき、そのまま我家の一員になった唯一の女の子。のら猫ちゃんでしたのでのんちゃんと命名)の3匹が元気に暮らしています。

彼らにとても癒されています。
2009-05-11 月 22:54:42 | URL | 笹井宏之(家族) [編集]
お返事、ありがとうございます。
うれしいです。
うちも、24歳、8歳、1歳、の3匹と暮しています。
みんな、子猫の時に 捨てられて死にかけていた子たちです。
毎日、わいわいやっています。

「楽しきネコ貧生活」という ネコブログを書いています。
最近、ちょっと元気がなかったので 楽しくない内容ですが
笹井さんのご家族の方に、お言葉をいただいたので
元気100倍です!
お恥ずかしいですが、よろしかったら チラリとのぞいてみてくださいね。

パソコンのこと、詳しくないので「クリックして飛ぶ」ワザが使えません。
すみません。
2009-05-11 月 23:33:01 | URL | 吉田 [編集]
昨日 本屋でなにげなく読んだ笹井さんの一句が 心をとらえて離れません。
詩人だなぁと 思いました。
人のこころをさらっていく 力がありました。
様々の方のブログから 笹井さんの句を探しては、
その魅力と そして 心苦しさとでいっぱいになりました。

笹井さんの詩が 遠く離れた ひとりの人間に届いたことを
伝えたいです。


2009-05-15 金 11:30:55 | URL | kisimoto [編集]
ええっ!!!
えっ!
笹音くんは?どうしたんで!?

ウソですよね???
2009-05-17 日 01:35:51 | URL | 3+3 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-20 水 14:16:42 | | [編集]
風になったのね。
笹音というハンドルネームの時に出会いました。その頃は、まだ、短歌をはじめていか、始めて間がないころじゃなかったのかなぁ。

素敵な詩人さんだなぁと思ってました。ネットで知り合った詩人さんのとこで、時々絡むようになってました。

いつの間にか、歌人さんになってらして…。訃報を知らせてくれたのもネット友達でした。こうして、時々覗きにくると、会えそうな気がします。

2009-05-25 月 07:57:17 | URL | ありす [編集]
信じられません・・・。
つい3日前まで、お亡くなりになったこと、知りませんでした。

初めて笹音さんのことを知ったのは、確かNHKのケータイ短歌の番組でした。テレビから感じられた笹音さんのお人柄と短歌に惹かれて、ホームページの掲示板に何度か書き込みをさせていただいておりました。

あの頃私は精神的に不安定で、先の見えない日々を送っていましたが、笹音さんのところに来ると、なんだかほっとしました。私の書き込みに返事をくれるのが嬉しかった。笹音さんは私を支えていてくれた1人でした。

最近は忙しく、久しぶりにパソコンを開いたらこんな・・・。本当に信じられません。今もどこかで歌を詠んでおられるような気がしてなりません。
笹音さんにはたくさんのものをいただきました。本当に本当にありがとう。
2009-07-11 土 21:31:42 | URL | まき [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する