FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

【Sasa-Note】- 笹井宏之楽曲集ー
  有田サンタクロース5

    灰色の手袋を買ふ この国のいたくぶあつき降誕祭に   2008.1.10

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




今年も11月中旬から有田の街にはサンタさんがやってきました。

今年は16ヶ所の煙突や建物に21人のサンタが登場。
夜にライトアップされるサンタさんもいます。
有田の冬の風物詩としてすっかり定着しました。



  Sasa-Note You Tube 2
  Sasa-Note You Tube 3

【Sasa-Note】-笹井宏之楽曲集ーが聴けなくなっていましたが、この度You Tubeで
聴けるようになりましたので、リンクを貼りました。

CDは次男孝徳が作ってくれていましたが、宏之の短歌を通じて知り合いになった方が
You Tube にアップしてくれました。15曲を作曲した年代ごとに3つに分けてあります。
 【Sasa-Note.1】:2001.~2002.8/1(18~19才) 6曲
 【Sasa-Note.2】:2004.9/1~2004.12/7(22才) 5曲
 【Sasa-Note.3】:2005.夏(23才) 4曲 


  Sasa-Note CD
   ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  SaSa-Note 笹井宏之楽曲集(圧縮版)


昨日、書肆侃侃房より笹井宏之歌集『てんとろり』第4刷(2020年12月30日発行)
が届きました。

  「てんとろり」第4刷表紙.
    ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  「てんとろり」第4刷奥付



【Sasa-Note】のYou Tubeへのアップ、そして『てんとろり』第4刷の発行は
とてもすてきなクリスマスプレゼントになりました。


ありがとうございました。


  有田サンタクロース1


我家の煙突をめざして、サンタと一緒にサギもやってきます。
時には中庭にも飛び降りてきて、池の傍を闊歩しています。


  ゴイサギ10(2020-12-08)

  ゴイサギ11(2020-12-08)

   眠りから覚めても此処がうつつとはいふのは少し待て鷺がゐる  2008.3.27

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~





裏山の寒椿と玄関の山茶花が紅白で清楚に咲き競っています。

  寒椿2

  山茶花1(2020-12-20)

       咲くことの叶わなかった花たちはいま潮騒のなか、さくら貝

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~





     ポインセチア1

    Merry Christmas and Happy New Year !


スポンサーサイト



残照 | 13:18:30 | Trackback(0) | Comments(0)
初雪
  初雪7(2020-12-15)

    はつゆきがはつゆきでなくなる朝の、やさしいひとがころんでしまう

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 成層圏 より ~



初雪が降りました。

先週は小春日和のおだやかな日が続いていましたが、
昨日から急に寒くなり、今日は朝から小雪が舞う一日
となりました。

昼前には我家の周りもうっすらと雪化粧しました。


  初雪11(2020-12-15)
  初雪12(2020-12-15)

  初雪10(2020-12-15)
  初雪16(2020-12-15)

        猫に降る雪がやんだら帰ろうか 肌色うすい手を握りあう

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




玄関の山茶花も綿帽子をかぶっていました。


  初雪山茶花4(2020-12-15)
  初雪山茶花2(2020-12-15)

 



筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 12月詩二席 「渦」
読者文芸2020年12月二席「渦」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



11月19日付け西日本新聞の西日本詩時評に岡田哲也さんが
孝徳の詩「「水族館の魚のように愛されて」を評して下さいました。
書肆侃侃房の詩誌「侃侃」34号の孝徳の詩3篇の中の1篇です。

  西日本詩時評(2020-11-19)
    (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります) 
  「水族館の魚のように愛されて」



2020年11月17日付け佐賀新聞で「第58回佐賀県文学賞」一席受賞者喜びの声が
紹介されました。

  佐賀県文学賞受賞者の声(2020-11-17)(1)
  (↓↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります) 
  佐賀県文学賞受賞者の声(2020-11-17)(2)
  
   コロナ禍の最前線にて天使にも戦士にもなる白衣の背    筒井孝徳




  初雪山茶花3(2020-12-15)白
  初雪山茶花6(2020-12-15)タテ

  初雪山茶花7(2020-12-15)

   冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆあたたかい
 
      ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~


残照 | 19:55:42 | Trackback(0) | Comments(2)