FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

秋の気配
  アサガオ20(2020-08-19)

   「押し入れに秋が入ってゐることは内緒」と小さき子が囁けり  2006.9.14 

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~  




連日、茹だるような暑さが続いていましたが、昨夕の雨で少し涼しくなり
アサガオがちょっと元気を取り戻しました。


  アサガオ6(2020-08-19)(タテ)


そろそろアサガオの種の収穫時期です。


  アサガオ種2(2020-08-23)
  アサガオ17煙突(2020-08-19)




筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2020年08月 詩部門 二席 『嚥下』
  読者文芸2020年08月二席「嚥下」.
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



『短歌研究ジュニア はじめて出会う短歌100』(短歌研究社)が届きました。
「万葉集」から現代短歌までの錚々たる歌人100名の名歌の中に宏之の歌も
引いていただきました。大変光栄なことです。

          ( ↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↓)
  はじめて出会う短歌100 表紙はじめて出会う短歌100(1)

     影だって踏まれたからには痛かろう しかし黙っている影として

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 あし圧縮 より  ~






岡山大学短歌会より『岡大短歌』8月号が送られてきました。
成瀬遠足氏の「笹井宏之一首評」が掲載されていました。
   ( ↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります )  
  岡大短歌8号

  あばら ぼね どろぼう たち の あばら から でて くる ばら ばら の
  あばら ぼね

      ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~  
   






  雨上がり1(2020-08-23)


今日も午前中少し雨が降りました。

吹く風に秋の気配が漂っています。


  雨上がり3(2020-08-23)

       雨ひかり雨ふることもふっていることも忘れてあなたはねむる 

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~
  



  夕景6(2020-08-19)

       あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~


スポンサーサイト



残照 | 16:56:49 | Trackback(0) | Comments(4)
八朔
  八月のフルート奏者1(2013-08-01)

    八月のフルート奏者きらきらと独り真昼の野を歩みをり   2006.8.17

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




八月朔日。今日は宏之の38回目の誕生日です。

旅立ってから12年の歳月が流れましたが、昨夜、日付が変わってからSNSなどで
お祝いのメッセージをたくさん頂戴しています。

皆様方の変わらぬご厚情に心から感謝申し上げます。


長かった梅雨がやっと明けました。
じりじりと照りつける太陽が大地を焼きつけています。


  トンボ5(2019-07-15)
  バッタ2(2020-07-05)

  ひまわり1(2010-08-14)

   バースデイカードをひらくひとときに向日葵畑から風が吹く

    ~ 笹井宏之 『てんとろり』 かたととん より ~




本日発行の『ねむらない樹』vol.5(書肆侃侃房)が届きました。

            ( ↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↓)
  ねむらない樹vol5 表紙ねむらない樹vol5 裏表紙

    ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~



「笹井宏之への旅」⑤には今回と次号の2回にわたり「宏之の短歌が生まれた場所、人」
をテーマに投稿させていただきます。


  ねむらない樹vol5 (1-2)
        ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↑)
  ねむらない樹vol5(2)



今年も裏山にピンクの可憐な花が咲きました。

名前は知らないのですが毎年7月の中頃から決まった場所に花を咲かせてくれます。

  ピンク花4(2020-07-11)
  ピンク花3(2020-07-11)

       ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~  
.




  ひまわり3(2010-08-14)

  夕景1(2012-10-02)
  夕景2( 2016-08-29)

    向日葵の匂ひをさせて幼らは暮れやすき照れやすき太陽   2008.8.7

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~


残照 | 15:13:02 | Trackback(0) | Comments(2)