FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

NHK「あさイチ」
 山茶花1(2019-11-17)

      鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~




我が家の周りは今、山茶花が主役です。


6日(金)のNHK総合「あさイチ」(8:15~)で芥川賞作家の川上未映子さんが
おススメの一冊として笹井宏之歌集『ひとさらい』(書肆侃侃房)を紹介して下さい
ました。

  あさイチ2
  あさイチ1


宏之のことも温かく紹介下さいました。そして『ひとさらい』の中から次の2首を
採り上げて下さいました。

  風という名前2

      風という名前をつけてあげました それから彼を見ないのですが

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~



   思い出せるかぎり1

        思い出せるかぎりのことを思い出しただ一度だけ日傘をたたむ

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 鮭フレークが降る交差点 より ~



この2首は私たちにとりましても好きな歌でしたので、川上さんが自ら読んで下さった時には
思わず涙ぐんでしまいました。


川上未映子さんは2011年1月24日に刊行された『えーえんとくちから』 笹井宏之作品集
(PARCO出版)の帯を書いて下さいました。

  えーえんとくちから帯1
  えーえんとくちから帯表紙1



番組の前半では今年2019年1月10日に文庫版として刊行された『えーえんとくちから』
(ちくま文庫)のご担当の山本充さんも出演されていて驚きました。


  ちくま文庫山本充さん1

  えーえんとくちから本2


  

『ひとさらい』は笹井宏之の第1歌集で、2008年1月25日にBookParkより上梓されました。

その1年後の2009年1月24日に宏之は永眠しました。

その2年後、2011年1月24日(宏之の3回忌の当日)書肆侃侃房より刊行され、書店でも
購入できるようになりました。

  ひとさらい本1


笹井宏之の歌集・作品集としては

2011年1月24日 第2歌集となる『てんとろり』(書肆侃侃房)
2013年8月1日 『八月のフルート奏者』(書肆侃侃房)
 
を加えて、これまでに6冊刊行されています。

  作品集5冊集合
  八月のフルート奏者(2013-07-28)




「あさイチ」で宏之のことが紹介された9時30分から我が家の電話は
お昼過ぎまで鳴りっぱなしでした。 

メールやfacebook、twitter、ブログなどのSNSでも「あさイチ」で紹介
されたことが話題になっていました。

この『些細』にも、その日の9時~11時までの2時間で500を超える
アクセスがあり、驚いています。


  宏之写真1


宏之が旅立ってから10年の歳月が流れましたが、今でもたくさんの方々が

宏之の短歌を大切に思って下さっていることがとてもありがたいです。



  山茶花6(2019-11-17).

     白い光だなんて、教わっていないし、でもさわっていたから、ごめんなさい

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~

 

スポンサーサイト



残照 | 03:05:34 | Trackback(0) | Comments(0)