FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

秋深し
  柿3(2019-10-27)

      ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~




裏庭には今、柿がたわわに実っています。

この十数年、我家の柿をもいで食べることはなかったのですが、
久し振りに食してみました。


  柿1(2019-10-26)

子どもの頃はよく取っていましたが、今は取る道具もないので
脚立で届くところの数個しか取ることができませんでした。

甘くて美味しかったです。


  柿7(2019-10-26)



一週間前、『短歌の詰め合わせ』(アリス館)が送られてきました。

東直子さんが宏之の短歌も採り上げてくださいました。


  短歌の詰め合わせ(表紙)
   (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)
  短歌の詰め合わせ(笹井宏之短歌)



10月28日(月)は和子さんの誕生日でした。

いつものようにいちごのショートケーキでささやかにお祝いしました。


  ショートケーキ1(2019-10-28)



秋晴れのさわやかな日が続いていますが、家の周りには
秋の草花に加えて、もう冬の花も咲き始めました。


中庭の池の傍にはツワブキの花が咲いています。

  ツワブキ2(2019-10-27)
  ツワブキ4(2019-10-27)

  池の鯉4(2019-10-27)
  池の鯉2(2019-10-27)
  
    錦鯉くちほちかりとひらきつつ冬の夜空を吞みてしまへり    2008.3.13

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 





裏庭にも秋の小花がかれんに咲いています。


  白い小花2(2019-10-27)

  逆光1(2019-10-27)

   木の間より漏れくる光 祖父はさう、このやうに笑ふひとであつた   2006.5.4

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



  煙突5(2019-10-27)タテ.
  煙突3(2019-10-27)タテ.

  英山1(2019-10-27)

      山嶺のようにあなたは立っている ひとみにうすいゆきをうかべて

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~




裏庭には冬椿が一輪咲いていました。

  ツバキ2(2019-10-27)
  ツバキ3(2019-10-27)

      ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


スポンサーサイト



残照 | 01:45:37 | Trackback(0) | Comments(0)
秋の匂い
  コスモス1(2019-10-09)

      秋桜の千本あれば千本の影あり 園に夕暮れは来て   2005.11.3
 
           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




風が冷たくなってきました。

義父の墓参りの帰り、秋空の中を秋桜がそよそよと風に揺らいでいました。


  コスモス3(2019-10-09)


  秋空3(2019-10-08)

        廃品になってはじめて本当の空を映せるのだね、テレビは

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2019年10月 詩一席「水族館の魚のように愛されて」
読者文芸2019年10月一席「水族館の魚のように愛されて」.
    ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)



特選「小さな詩歌集」(リベラル社)が送られてきました。
ポケットサイズの可愛らしい作品集でした。

俳句、短歌、童謡、詩と136篇の詩歌がおさめられていて
宏之の短歌も2首採り上げていただきました。

  小さな詩歌集表紙
  小さな詩歌集裏表紙
  小さな詩歌集目次
 ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓ )
  小さな詩歌集笹井宏之2




我家の周りを散策すればいろいろな秋の色、秋の匂いが・・・


  柿5(2019-10-08)
  柿4(2019-10-08)

  ススキ1(2019-10-09)
  ススキ2(2019-10-08)

  小菊1(2019-10-09)
 

  カラスウリ3(2019-10-08)
  カラスウリ2(2019-10-08)

      カラスウリみたいな歌をうたうから すごい色になるまで、うたうから

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 くらげ発電 より ~



  秋空4(2019-10-08)

  夕景2(2019-10-11)

        国境のどうぶつたちを染めてゆく あれは夕日よね、夕日よね

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~


残照 | 17:31:18 | Trackback(0) | Comments(0)