FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お盆の花
  ピンク花1(2019-07-15)

       鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~




先週、有田はお盆でした。

毎年この時期、裏山にピンクの清楚な花が咲きます。


  
  仏壇2(2019-07-14)



  ピンク花2(2019-07-15)
  ピンク花3
  ピンク花1(2019-07-14)

       ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 7月 詩 一席 「蛍」
読者文芸2019年07月一席「蛍」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑) 



7月27日(土)から8月1日(木)まで、佐賀県内各地で
第43回全国高等学校総合文化祭 「2019さが総文」
が開催されます。

7月31日(水)午前10時から伊万里市民センターで
歌人東直子さんの記念講演会があります。
演題は「笹井宏之の短歌-言葉の冒険」です。


  さが総文祭1
  さが総文祭2




裏庭の小花たちがお盆を迎えてくれました。


  小花1(2019-07-14)
    
  小花7(2019-07-14)


中でも可憐に咲いているネジバナが目を引きます。


  ネジバナ12(2019-07-14)
  ネジバナ5(2019-07-14)
  ネジバナ2(2019-07-14)

        ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

             ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




  ネジバナ3(2019-07-14)
  ネジバナ9(2019-07-14)
  ネジバナ4(2019-07-14)


書肆侃侃房よりPR誌『ほんのひとさじ vol12』が届きました。
特集は「風」です。

  ほんのひとさじ vol12 風 1
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)


岸原さやさんが宏之の作品を取り上げてくださっています。
ありがとうございました。

  ほんのひとさじ vol12 風 2(2019‐07‐13)
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)

 
 

  31文字の世界 1
  ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
  31文字の世界 2
  ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
  31文字の世界 3

 


雨の日が続きなかなか梅雨が明けませんが、
お盆の15日だけはいいお天気でした。


  夕景1(2019-07-14)

        あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~   


スポンサーサイト
残照 | 01:16:52 | Trackback(0) | Comments(0)