FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お盆の花
  ピンク花1(2019-07-15)

       鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~




先週、有田はお盆でした。

毎年この時期、裏山にピンクの清楚な花が咲きます。


  
  仏壇2(2019-07-14)



  ピンク花2(2019-07-15)
  ピンク花3
  ピンク花1(2019-07-14)

       ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 7月 詩 一席 「蛍」
読者文芸2019年07月一席「蛍」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑) 



7月27日(土)から8月1日(木)まで、佐賀県内各地で
第43回全国高等学校総合文化祭 「2019さが総文」
が開催されます。

7月31日(水)午前10時から伊万里市民センターで
歌人東直子さんの記念講演会があります。
演題は「笹井宏之の短歌-言葉の冒険」です。


  さが総文祭1
  さが総文祭2




裏庭の小花たちがお盆を迎えてくれました。


  小花1(2019-07-14)
    
  小花7(2019-07-14)


中でも可憐に咲いているネジバナが目を引きます。


  ネジバナ12(2019-07-14)
  ネジバナ5(2019-07-14)
  ネジバナ2(2019-07-14)

        ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

             ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




  ネジバナ3(2019-07-14)
  ネジバナ9(2019-07-14)
  ネジバナ4(2019-07-14)


書肆侃侃房よりPR誌『ほんのひとさじ vol12』が届きました。
特集は「風」です。

  ほんのひとさじ vol12 風 1
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)


岸原さやさんが宏之の作品を取り上げてくださっています。
ありがとうございました。

  ほんのひとさじ vol12 風 2(2019‐07‐13)
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)

 
 

  31文字の世界 1
  ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
  31文字の世界 2
  ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
  31文字の世界 3

 


雨の日が続きなかなか梅雨が明けませんが、
お盆の15日だけはいいお天気でした。


  夕景1(2019-07-14)

        あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~   


スポンサーサイト



残照 | 01:16:52 | Trackback(0) | Comments(0)
遅い梅雨入り
  水滴1(2019-06-15).

       雨ひかり雨ふることもふっていることも忘れてあなたはねむる

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』  すきま抄 より ~




先週やっと佐賀県を含む九州北部が梅雨入り。
統計開始以降最も遅い記録を更新したそうです。

雨不足でしたが、この3日間はまとまった雨が降り
農家の方は一息つかれたようです。

でも、昨夜からかなり雨足が激しいようですので
被害がでなければいいのですが・・・・・


  紫陽花1(2019-06-15).
   (写真:6月中旬頃の紫陽花)

  紫陽花2(2019-06-15).
  紫陽花4(2019-06-15).

     しくじりしわれを濡らせる雨の中紫陽花の咲く坂道を越ゆ   2008.7.27

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より~





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 6月詩佳作「五月七日」
  読者文芸2019年06月佳作「五月七日」
      ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)


6月30日(日)、佐賀新聞本社にて読者文芸年間賞の表彰式が開催されました。
孝徳の詩「澪」が地賞に選ばれました。

佐賀新聞年間賞詩「澪」(2019-06-28).
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




第43回全国高校総合文化祭(2019さが総文)が佐賀県で開催されます。

その文芸部門の記念講演で、歌人の東直子さんが宏之のことを語られます。

●日時:7月31日(水) 午前10時から
●会場:伊万里市民センター
●演題:「笹井宏之の短歌 - 言葉の冒険」

  佐賀新聞短信東直子さん講演(2019-06-29)_
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)


東さんは伊万里での講演終了後、午後わが家に立ち寄って下さるそうです。



  紫陽花5(2019-06-15).
  煙突1(2019-06-15).
  
水滴2(2019-06-15).

         あまがえる進化史上でお前らと別れた朝の雨が降ってる

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


残照 | 02:28:42 | Trackback(0) | Comments(0)