FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

秋の色
  鰯雲1(2018ー09ー22)

         鰯雲のうろこのなかへ釣り糸のように突っ込んでゆく旅客機

             ~ 笹井宏之 『てんとろり』 鰯雲 より ~
   



朝夕はめっきり涼しくなってきました。  

爽やかな秋空が広がっています。


  鰯雲6(2018ー09ー22)
  鰯雲5(2018ー09ー22)
  秋空4(2018-09-19)

  秋空6(2018-09-22)

        喩えではなくてちぎれてゆくひとの、さようなら一枚の青空

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~





9月20日(木)の西日本新聞文化面の伝統のあるコーナー「西日本詩時評」
詩人岡田哲也氏が孝徳の詩 『迎え火』を取り上げてくださいました。
『詩誌 侃侃』30号(書肆侃侃房)に投稿した3作品の中の一編です。
三編とも宏之のことを綴っています。

西日本新聞〈2018-09-20)
    ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります↑↓)
西日本新聞(2018-09-20)と侃侃
詩誌侃侃(No30)詩誌侃侃目次
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)



9月15日発行の地元紙「伊萬里新聞」には、宏之の短歌に曲をつけていただいたことを
掲載していただきました。

伊萬里新聞〈2018-09-15)



昨日の夕景は茜色。

我家の周りにはいろいろな秋の色が差してきました。


  夕景7(2018-09-24)
  夕景10(2018-09-24)

      幼子の眠りのやうな夜がきて我を長月へといざなひぬ    2007.9.27

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~


     

今年は柿がたわわに実っています。
  
  柿6(2018-09-14)
  柿5(2018-09-14)
  柿1(2018-09-14)

        くだもののように熟れつづけるひとをとりあえず新聞にくるんだ

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ななしがはら遊民 より ~





  ツユクサ1(2018-09-19)
  秋の小花4(2018-09-19)
  秋の小花2(2018-09-19)
  秋空1(2018-09-22)



赤い~花なら曼殊沙華~

今年も忘れずにいつものように、いつもの場所でたくさん咲いてくれました。


いよいよ秋が深まってゆきます。


  彼岸花と煙突2(2018-09-16)
  彼岸花と煙突1(2018-09-16)タテ
  彼岸花4(2018-09-19)
  彼岸花2(2018-09-19)

  彼岸花1(2018-09-22)

      「ねえ、気づいたら暗喩ばかりの中庭でなわとびをつづけているの」

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~ 


スポンサーサイト
残照 | 15:46:58 | Trackback(0) | Comments(3)
ささやかな・・・
  彼岸花4(2018-09-13)

   群るることああ忘れたというような目をひらきおり我が曼殊沙華   2005.10.13

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
  



今日は私の67回目の誕生日でした。

今年もいつものようにショートケーキでささやかな宴。


  バースデイケーキ1(2018-09-13)


家族3人+のんちゃんでささやかに・・・です。


  のんちゃん1(2018-09-13)
  のんちゃん2(2018-09-13)

        花束をかかえるように猫を抱くいくさではないものの喩えに

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~







この時期になると我家の裏庭に彼岸花がぽつぽつと、ささやかに咲き始めます。 

今日の雨で蕾がだいぶ開いてきました。 


  彼岸花4(2018-09-12)
  彼岸花5(2018-09-13)


お彼岸までこの一週間で一斉に咲き誇ります。


  彼岸花3(2018-09-13)
  彼岸花8(2018-09-13)
  彼岸花1(2018-09-12)

  

たくさんの方から心のこもったバースデイメッセージをいただきました。


ありがとうございました。



  彼岸花6(2018-09-13)

        ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~


残照 | 23:18:51 | Trackback(0) | Comments(2)
秋風に星の聲
  夕景3(2018-09-09)

     ゆっくりと上がっていってかまいません くれない色をして待っています

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~





九月に入り朝夕はだいぶ涼しくなってきました。

この2、3日は雨模様で肌寒いくらいでした。

午後は少し日が差して夕焼けも見られました。



  夕景2(2018-09-09)

       ともだちを一匹抱いて夕焼けに消えてしまいそうな私のうで 

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 水性ファイル より ~
 





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2018年9月 詩一席 「星の聲」
読者文芸2018年09月一席「星の聲」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)   




8月1日「八朔の風」 で紹介しましたが、宏之の短歌に曲をつけて下さった有田町法泉寺の
ご住職桃谷法信先生のことを9月2日の西日本新聞(佐賀版)で紹介していただきました。

  西日本新聞(2018-09-02)
 (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)


また、桃谷先生の「べんじゃらきっず夏休み教室」修了式でその「葉桜を」と「浜辺の唄」を
オカリナで演奏してきました。(8月31日 有田町生涯学習センターにて)




  のんちゃん2(2018-09-09)
  のんちゃん4(2018-09-09)
 
         初めての草むらで目を丸くして何かを思い出している猫

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ひときわながいやすみ より ~
 




  のんちゃん1(2018-09-04)
  のんちゃん6(2018-09-09)
  のんちゃん7(2018-09-09)


のんちゃん 「腎臓病で2ヶ月に1回通院していたのですが、少し悪化して先週から
         週2回点滴に通っています。数値がよくなればもう少し間隔をあけて
         通院することになりますが、寄る年波には勝てません・・・・・」
    

  のんちゃん2(2018-09-04)
  のんちゃん8(2018-09-09)

    猫を抱く婦人のやうな秋風にわれは毛布を引き寄せにけり    2008.9.25 

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
 


残照 | 01:01:45 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad