■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お盆の小花たち
  夏の花2(2018-07-12)

       ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~




暑い暑いお盆の三日間でした。


酷暑の中、裏山に清楚な花が一輪咲いていました。


  夏の花4(2018-07-12)

     

家の周りに目をやれば、小花たちが健気に咲いていました。


  夏小花5(2018-07-12)
  
夏小花6(2018-07-12)
  露草3(2018ー07ー12)

       庭のような顔があらわれまばたきのたびにこぼしてゆく草の露

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 昏睡動物 より ~ 

     


  露草2(2018ー07ー12)
  夏小花7(2018-07-12)
  夏小花10(2018-07-12)

   

  蝶々1(2018-07-12)
  蝶々2(2018-07-12)

       蝶迷ひ込みし仏間に夏草を繁らせてゐる襖のおもて    2008.5.29

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~

     



  夏小花4(2018-07-12)
  夏小花8(2018-07-12)

         部屋中が夏草で覆われる日に私は旅を終えるつもりです 

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~  





書肆侃侃房よりPR誌『ほんのひとさじ vol.9』が届きました。
特集は「窓」です。

ほんのひとさじ(窓)
(↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




  夏の花1(2018-07-12)

     シゲヨさん、むかしのことをはなすとき百合にならなくてもいいからね

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




  三日月5(2018-07-16)
  夕景9(2018-07-13)

     ゆっくりと上がっていってかまいません くれない色をして待っています

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~


スポンサーサイト
残照 | 20:20:56 | Trackback(0) | Comments(2)
佐賀新聞 「有明抄」
  有明抄(2018-07-10)
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)

 
        余白からあなたの声をこぼしてはうすく小さくなりゆく詩集

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




本日(10日)の佐賀新聞の一面「有明抄」に、宏之のことと「笹井宏之賞」のことを紹介していただきました。

筆者の心温まる丁寧な文章が心に沁みます。


朝からいろいろな方に電話、メールをいただいています。

ある方からは次のような電話をいただきました。
「掲載されている短歌に感動し、曲をつけました。楽譜が出来上がったらお届けします」


また、Facebook、Twitterなどでもこの記事の情報発信をしていただいています。


たくさんの方に、今でも宏之のことを心に留めていただいていることがとてもありがたいです。




  夏空3(2018-07-10)

        喩えではなくちぎれてゆくひとの、さようなら一枚の青空

       ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~





先週は台風と大雨で有田も大変でしたが、昨日から青空が広がり暑くなりました。

いよいよ夏本番です。


  英山1(2018-07-10).

      すばらしい、の大安売りがやっていて今日はとりわけすばらしいのだ

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~


残照 | 18:10:54 | Trackback(0) | Comments(2)
「ねむらない樹」 8月1日創刊
  サクランボ(2018-06-20)
  
       果樹園に風をむすんでいるひとと風をほどいているひとの声

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ステーキナイフ より ~





毎年この時期になると山形からさくらんぼが届く。

40年来の友人だが、この美味しい便りでお互いの無事を確認している。





  雨だれ3(2018-05-28)

        あまがえる進化史上でお前らと別れた朝の雨が降っている

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~ 




  雨だれ2(2018-05-28)




筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2018年6月 詩一席 「傘」
読者文芸2018年06月一席「傘」
 (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)



6月17日(日)の毎日新聞日曜カルチャー欄と6月30日(土)の朝日新聞佐賀版に

「笹井宏之賞」の記事を掲載していただきました。

毎日新聞ドキュメント〈2018-06-17)2
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)

朝日新聞佐賀(2018-06-30)
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




短歌むっく「ねむらない樹」vol.1(8.1創刊)

ねむらない樹単独チラシ1(ドキュメント)
(↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)



  月3(2018-06-26)

       欠けているぶぶんの月が廃校の棚に入っているのは秘密

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 飛ぶもの より ~
  

残照 | 23:43:21 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad