■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

白い一日
  宏之生花1(2018-01-24)

      眠ったままゆきますね 冬、いくばくかの小麦を麻のふくろにつめて

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~ 




今日は宏之の祥月命日、寒い一日でした。


早朝より降り始めた雪は、終日、降り続きました。



  雪景色4(2018-01-24)

        さようならが機能しなくなりました あなたが雪であったばかりに

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さようなら より ~ 





九年の歳月が流れました。


あの日も白い一日でした。



  宏之旅立ちの朝(H21.1.24)   
                       (写真:宏之旅立ちの朝  2009年1月24日)

  宏之生花2(2018-01-24)

  雪景色1(2018-01-24)

          感傷と私をむすぶ鉄道に冬のあなたが身を横たえる

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~ 



  雪景色2(2018-01-24)



『短歌タイムカプセル』 に宏之の歌も掲載していただきました。
 

  短歌タイムカプセル1
  短歌タイムカプセル6
         (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑) 



Twitterで書肆侃侃房さんから下記の【お知らせ】がありました。

笹井宏之さんがこの世を去ってから来年1月24日で10年になります。
そこで書肆侃侃房では彼の遺志を引き継ぐ若手歌人の出現を期待し、
「笹井宏之賞」を設けることになりました。
詳細の発表は2月末ごろの予定。
 

前以てメールで「笹井宏之賞」を創設していただけるとのご連絡をいただきましたが、
思いがけないことで驚きとともに大変ありがたく思います。


この9年間、毎年1月24日の祥月命日の日にTwitter、Facebook、ブログ等で宏之の歌を
紹介していただいておりますことに、心からお礼申し上げます。
また、電話やメール等で励ましのお言葉やお花などのお心遣いを頂戴しておりますことに
深く感謝申し上げます。

この一年も変わらぬお付き合いを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



  雪だるまとお地蔵様1

  こたつ・のんちゃん1
                                  (炬燵ののんちゃん)

  雪景色9(2018-01-24)
 
       雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


スポンサーサイト
残照 | 20:47:15 | Trackback(0) | Comments(4)
雪、雪、雪
  積雪27(2018-01-12)

    どこまでも世界にひとりということのわが影連れて雪道あゆむ   2006.1.26

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





三日続けて雪が積もりました。



  積雪13(2018-01-12).
  積雪16(2018-01-12).
   
      「足元はやっぱり道で、どこかへと通じている道で、どこですかここ?」

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~


  

  

静かに2018年がスタートしました。


  鏡餅1(H30)

  積雪23(2018-01-12) 
  積雪22(2018-01-12)
  積雪19(2018-01-12)(2)

    雪合戦しあつた頃の頬のいろ思ひだしつつ干し柿を食む   2009.1.29

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 





  積雪1(2018-01-11)
  積雪14(2018-01-12).

  銀の野がひろがつてゐた ふたりとも袖をふれあはせるだけだつた   2006.11.16

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 






筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸2018年1月 詩一席 『こころのバケツ』
読者文芸2018年01月一席「こころのバケツ」
   (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)

11月から3ヶ月続けて一席でした。




  積雪5(2018-01-11)
  積雪4(2018-01-11)
  積雪6(2018-01-11)
 
        猫に降る雪がやんだら帰ろうか 肌色うすい手を握りあう 

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~






  積雪30(2018-01-12)
  積雪24(2018-01-12)
  積雪25(2018-01-12)

    錦鯉くちほつかりとひらきつつ冬の夜空を吞みてしまへり   2008.3.13

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
  




  積雪3(2018-01-11)
  積雪31(2018-01-12) 
  積雪34(2018-01-12)

  とんとんとゆきのつぶてはキタキツネ ちるとぶほうとあかりちりとぶ   2006.1.12

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
 

残照 | 11:59:08 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad