FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

雪化粧
  雪化粧11(2017-12-12)

      冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆ あたたかい

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~




昨日はうっすらと雪化粧。

寒い一日でした。


  雪化粧17(2017-12-12)
  雪化粧4(2017-12-12)
  雪化粧14(2017-12-12)

       ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす 

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~
 




筒井孝徳 『佐賀新聞読者文芸』 2017年12月 詩一席 「降りはじめる」読者文芸2017年12月一席「降りはじめる」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




11月下旬、我家の紅葉。


  ハナミズキ紅葉1(2017-11-19)
  紅葉1(2017-12-01)
  紅葉5(2017-12-01)

       ひいらぎをあなたの部屋へ置きました とむらうことになれていなくて

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~




泉山周辺の紅葉狩りにも行ってきました。

  大公孫樹4(2017-11-19)
  (国指定の天然記念物 泉山の大公孫樹と英山)
  大公孫樹2(2017-11-19)
  大公孫樹9(2017-11-19)
  大公孫樹7(2017-11-19)

    頬染めて君は紅葉となりにけりまだ鮮やかな青のベンチで    2004.12.2

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
  



  防災広場紅葉3(2017-11-19)
  紅葉と和子さん5(2017-11-19)
  紅葉と和子さん7(2017-11-19)

  防災広場紅葉1(2017-11-19)

      初恋のひとの背中を思ひつつ紅葉降る坂道を下れり   2007.12.13

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 




紅葉を愛でながら12月に入ると、もうすでに2回も有田は雪化粧しました。


    
  雪化粧7(2017-12-12)
  雪化粧1(2017-12-12)
  雪化粧16(2017-12-12)

  雪化粧10(2017-12-12)

       鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も 

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


スポンサーサイト
残照 | 23:59:54 | Trackback(0) | Comments(6)
山茶花
  雨に咲く山茶花5(2017-11-22)

       ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~ 




11月の中頃から山茶花が咲き始めました。

玄関先の山茶花が白と薄桃色の花びらを開いています。


  山茶花1(2017-12-1)
  雨に咲く山茶花7(2017-11-22)
  山茶花3(2017-12-1)

     白い光だなんて、教わっていないし、でもさわっていたから、ごめんなさい

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 すきま抄 より ~ 
  




  雨に咲く山茶花6(2017-11-22)
 
        雨ひかり雨ふることもふっていることも忘れてあなたはねむる

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~ 






裏山の山茶花も赤い花びらを咲かせています。


  寒椿2(2017-12-06)
  寒椿4(2017-12-06).
  寒椿5(2017-12-06).

  寒椿1(2017-12-06)

        ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~ 





筒井孝徳 『佐賀新聞読者文芸』 2017年11月 詩一席 「ボイジャー」読者文芸2017年11月一席「ボイジャー」
   (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




  短歌でめぐる九州・沖縄【表紙】
  短歌でめぐる九州・沖縄①
  短歌でめぐる九州・沖縄②
    
   花冷えの竜門峡を渡りゆくたつたひとつの風であるわれ   2007.4.19

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 





  寒椿7(2017-12-06).
  煙突1(2017-12-06)
  山茶花5(2017-12-1)
     
       おくゆきがほしいときには煙突をイメージしたらいいんじゃないの

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~
 



  山茶花6(2017-12-1)
  山茶花4(2017-12-1)
  山茶花7(2017-12-1)

      ひろげたら羽根がいちまい落ちてきてそれから軽くなったつまさき

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


残照 | 22:08:09 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad