■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Long vacation
  月夜7A(2015-09-26)

  すずむしの鈴盗まれし十六夜に甍(いらか)鳴らせる足袋の四、五足  2015.10.6

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




なが~い休みを取っている間に夏が過ぎ、秋も深まってきました。

4月から晴耕雨読の生活に入り、半年が過ぎました。


我家の愛猫ごんちゃんが3月26日に、
そして6月10日にみーたんが相次いで旅立ちました。

16、17年という長い歳月を一緒に過ごした大切な家族ですので
私たちは大変大きな喪失感を覚えました。


  
  みーたん2A( 2016-09-25)
  みーたん1B(2016-10-14)



孝徳がその思いを綴ってくれました。

筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸2017年10月の詩 二席 『十六夜』
読者文芸2017年10月二席「十六夜」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




  月夜2B(2016-10-14).
 
      PCのデータの二三消える夜ふと猫などを疑っており   2005.9.1

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





  ごんちゃん1A(2015-09-26)
  みーたん1A(2015-09-26)

     ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸2017年7月の詩一席 『虹のアンサンブル』読者文芸2017年07月一席「虹のアンサンブル」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)



7月の 『虹のアンサンブル』 とても好きな詩です。



  夕日3B(2017-08-05)

     チェリストの弓は虚空を描きたり 最終音符に炎灯して   2005.12.15

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~







8月1日、宏之の誕生日が過ぎました。

9月13日、私の誕生日が過ぎました。


そして今年も彼岸花が咲きました。



  曼殊沙華3(2017ー09ー23)

  群るることああ忘れたというような目をひらきおり我が曼殊沙華   2005.10.13         

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



  曼殊沙華2(2017ー09ー23)




1年半ほど前から池の水を落としていましたが、先月中ごろから水を貯えて
鯉と金魚を泳がせています。


  池の鯉1(2017-10-01)
  池の鯉3(2017-10-01)
  池の鯉9(2017-10-01).

  池の鯉8(2017-10-01)

      足のある魚が部屋へ飛び込んできたので靴を与えてやった

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ゆらぎ より ~





末っ子ののんちゃんは月に一度の病院通い。
昨日も点滴に連れて行きましたが、検査結果はまずまずでした。

長生きしてほしいです。


  のんちゃん1(2017-10-07)
  のんちゃん4(2017-10-07)

  のんちゃん5(2017-10-07)

        花束をかかえるように猫を抱くいくさではないものの喩えに

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


スポンサーサイト
残照 | 00:40:34 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。