FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

夕刻の画布
  夕景1(2015-07-10)

     ゆっくりと上がっていってかまいません くれない色をして待っています

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~




有田はお盆が過ぎましたが、まだ梅雨は明けません。


夕刻の空のキャンパスには様々な色が描き出されます。


  夕景4(2015-07-10)
  夕景3(2015-07-10)

        ともだちを一匹抱いて夕焼けに消えてしまいそうな私のうで

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 水性ファイル より ~




  夕景5-1(2015-07-10)
  夕景5-2(2015-07-10)
  夕景5-3(2015-07-10)



  夕景8(2015-07-10)

      遊具からおちる子どもを見ています 夕焼けがたいへんきれいです

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~





一月ほど前、斉藤斎藤さんが我家を訪ねて下さいました。

宏之の好物「ししゃも」をお土産に・・・・・・

  ししゃも1(2015-07-19)
  ししゃも2(2015-07-19)


ありがとうございました。



  夕景9(2015-07-10)
  夕景7(2015-07-10)
  夕景10(2015-07-10)
  
      ひぐらしのオーケストラを終はらせて指揮者は西へ西へ帰らん

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~






孝徳の七月の詩 『嵐が去るのを』 (佐賀新聞読者文芸 2015年7月 一席)
孝徳詩「嵐が去るのを」
       (↑ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)




  夕景11(2015-07-10)
  夕景6(2015-07-10)

  夕景14(2015-07-10)

       あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~
  



スポンサーサイト



残照 | 03:08:40 | Trackback(0) | Comments(8)