■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三分咲き
  桜4(2015-03-28)

      あすひらく花の名前を簡潔に未来と呼べばふくらむ蕾    2007.4.19

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




5日前に開花宣言した我家の桜も、昨日まで花冷えで

蕾がなかなかほころびませんでしたが、

今日のポカポカ陽気でだいぶほころんできました。


三分咲きぐらいでしょうか。


  桜2(2015-03-23)
   (写真:2015-03-23 12:32)


  桜3(2015-03-23)
   (写真:2015-03-23 12:32)
  
  桜5(2015-03-28)
   (写真:2015-03-28 17:48)



3月は毎週日曜日に碗琴コンサートでしたが、いよいよ明日(29日)が最終日となりました。


  赤絵町工房1(2015-03-01)
  赤絵町工房2(2015-03-01)


  陶ひなコンテスト in 有田最優秀賞作品1
 碗琴コンサート4(2015-03-01)


  碗琴コンサート1(2015-03-01)
  碗琴コンサート5(2015-03-01)


  碗琴コンサート3(2015-03-01)

      からっぽのうつわ みちているうつわ それから、その途中のうつわ

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~




  桜6(2015-03-28)
   (写真:2015-03‐28 17:48) 

    (写真:2015-03-23 12:32)
  桜1(2015-03-23)

     花冷えの竜門峡を渡りゆくたつたひとつの風であるわれ    2007.4.19

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~


スポンサーサイト
残照 | 23:57:54 | Trackback(0) | Comments(3)
春の野に出でて
  桜1(2015-03-22)

     つぼみより(きみがふたたびくるときは、七分咲きにはなっていたいな)

             ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




暖かな陽気に誘われて

桜のつぼみがふくらんできました。

  桜2(2015-03-22)


家の周りも春の花が咲き競っています。


  スイセン3(2015-03-14)
  スイセン1(2015-03-14)

     春の橋越えてわれへと降りそそぐひかりの子供たちの歓声   2008.4.10

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
  



  スイセン4(2015-03-22)
  スイセン5(2015-03-14)

  春の野花1(2015-03-20)
  春の野花2(2015-03-20)

    押し花のキーホルダーをはじきつつあなたは風のやうに笑つた   2008.3.27

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




  イヌノフグリ1(2015-03-14)
  ヒイラギ3(2015-03-14)
  フキノトウ(2015-03-14)
  ツバキ1(2015-03-14)

    


  桜3(2015-03-22)

       「はなびら」 と点字をなぞる ああ、これは桜の可能性が大きい

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~ 
        

残照 | 03:20:48 | Trackback(0) | Comments(0)
弥生の空に
   弥生4(2015-03-10)

    ゆるやかにひらかれてゆくわれのうえを雲よりはつかこぼれくる春   2006.3.16

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




今日は寒い一日でした。


弥生の空から季節はずれの名残り雪。


でも街を歩けば春の花々が咲き競っています。



   弥生1(2015-03-1)

      三月のあたまにかかる橋ありき 眠りののちに渡り終らむ    2007.2.22

            ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





          弥生3(2015-03-04)

       ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある 

             ~ 笹井宏之 『てんとろり』 昏睡動物 より ~  
 


    

   弥生2(2015-03-1)

        ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

              ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


 

   弥生6(2015-03-10)

       それは世界中のデッキチェアがたたまれてしまうほどのあかるさでした

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~
  

残照 | 23:55:45 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。