■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

雪の華
  雪の朝1(2014-12-17)

     灰色の手袋を買ふ この国のいたくぶあつき降誕祭に    2008.1.10

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




今年初の雪の華が咲きました。


  雪の朝4(2014-12-17)

     手袋のなかが悲しき思ひ出に満たされてゐて装着できぬ    2007.2.8

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





  雪の朝3(2014-12-17)

   人とひとのあはひに黒きゆきのふる時代がつひに来てしまひたり    2007.2.1

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~






12月の孝徳の詩 『二十六時三十分』
読者文芸14年12月「二十六時三十分」
    (↑ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)





  山茶花8 


12月は山茶花が我家の主役。


  山茶花2(2014-12-04)

      冬を越すことのできない花たちにおゆかけている おゆ あたたかい

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~
 


       
  山茶花3(2014-12-04)

  山茶花3

      てのひらに縫いつけてある冬の日をあなたのほそいゆびがほどいた

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 てんとろり より ~




 山茶花5(2014-12-04)
  山茶花4(2014-12-04)


  雪の朝2(2014-12-17)

        さようならが機能しなくなりました あなたが雪であったばかりに

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さようなら より ~


残照 | 01:37:11 | Trackback(0) | Comments(5)