■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
黄色の絨毯
  泉山大公孫樹(2013-11-25)

    皿山に皿の音ひびき一本の苗より生れし大樹のそよぎ   2007.5.17

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




樹齢千年の泉山大公孫樹。

黄色の絨毯を敷きつめています。

泉山大公孫樹1(2013-11-25)
落紅葉3(2013-11-27)
泉山大公孫樹5(2013-11-27)



孝徳の佐賀県文学賞受賞の記事が佐賀新聞に掲載されました。

孝徳県文学賞1席(佐賀新聞2013‐11‐26)
 (↑ここをクリックすれば文字が大きくなります)

我家の「ごんちゃん」も新聞初デビューです。


明日(30日)は「新鋭短歌シリーズ出版記念会」が開催されますので東京です。



  泉山大公孫樹1(2013-11-27)

        千年の眠りののちに語られる世界がやさしくあるための嘘

    ~ 笹井宏之 『てんとろり』 世界がやさしくあるためのメモ より ~


スポンサーサイト
残照 | 05:13:38 | Trackback(0) | Comments(0)
落紅葉
  紅葉2(2013-11-25) 

     初恋のひとの背中を思ひつつ紅葉降る坂道を下れり   2007.12.13

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




夜来の雨と風で紅葉が散り始めています。

秋の終わりを惜しむかの如き落紅葉。


紅葉3(2013-11-25)
紅葉5(2013-11-25)
紅葉10(2013-11-25)


泉山の錦秋。
紅葉の彩なすグラデーションが美しい。

紅葉15(2013-11-25)
紅葉9(2013-11-25)
紅葉6(2013-11-25)
紅葉12(2013-11-25)
紅葉13(2013-11-25)
紅葉1(2013-11-25)


  紅葉8(2013-11-25)

       食卓にもみじの苗が二、三本あがっていたらそれは希望です

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 たくさんのいとこ より ~




  紅葉11(2013-11-25)

      ゆくなゆくな あいつは冬のテーブルで空の花瓶を乗せてるだけだ 

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~ 


残照 | 23:51:23 | Trackback(0) | Comments(4)
秋の彩り
  泉山紅葉2(2013-11-20).

  やがて音ひとつとなりて流れたり 水澄む秋の蛇口つめたし   2005.11.24

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





日一日と紅葉の色が濃くなっていきます。

泉山の大公孫樹も黄色の彩りを加えてきました。


泉山大公孫樹(2013-11-01)
(2013-11-01)
泉山大公孫樹3(2013-11-21).
(2013-11-21)

いまライトアップされています。

泉山大公孫樹1(2013-11-21)
泉山大公孫樹2(2013-11-21)

 わがうちの銀杏並木を染め抜きしきみといふ名の風の一陣   2006.11.23

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




NHK短歌12月号で斉藤斎藤さんが宏之の歌を取り上げて下さいました。
ありがとうございました。

  ひまわりの死んでいるのを抱きおこす 季節をひとつ弔うように   

     ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~ 


NHK短歌13年12月号【表紙】 NHK短歌13年12月号【P26】
          (↑ ここをクリックすると文字が大きくなります ↑)



孝徳が佐賀県文学賞の詩の部門で、2年連続で一席を受賞しました。
おめでとう!

佐賀新聞13年11月20日県文関連記事1
(↑ ここをクリックすると文字が大きくなります)



  ハナミズキ(2013-11-09)
    とこしへ
    永久の死者を弔ふ秋雨よ 風よ 覚えてゐて呉れよ吾を   2007.12.6

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~  


残照 | 01:49:55 | Trackback(0) | Comments(0)
七七忌
  七七忌3(2013-11-03)

冬ばつてん「浜辺の唄」ば吹くけんね ばあちゃんいつもうたひよつたろ  2006.12.7

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




11月3日。母の七七忌法要を済ませました。


小雨に煙る一日でした。


七七忌2(2013-11-03)



11月1日付の佐賀新聞読者文芸欄、11月の詩の三席に孝徳の『手のひら』
が掲載されていました。
(ここをクリックすると文字が大きくなります↓)手のひら(佐賀新聞13年11月三席)


和子さん、思わず涙。



  七七忌6(2013-11-03)
    とこしへ
    永久の死者を弔ふ秋雨よ 風よ 覚えてゐて呉れよ吾を   2007.12.6

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~


残照 | 23:59:13 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。