■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

六月晦日(1)
  嬉野川の鷺1(2013-06-30)

    夏草になつ暮れてゆく前奏はひかりの中の鷺のはばたき   筒井宏之

      ~ 佐賀新聞読者文芸 2005年10月13日付掲載作品より ~




雨の六月も今日が晦日。

今年も半年が過ぎました。

あまりブログの更新ができなかった上半期でした。


さて、2013年の後半に向けて飛翔!


嬉野川の鷺2(2013-06-30)
嬉野川の鷺3(2013-06-30)


昨夜はお世話になっている窯元の社長就任のお祝いの会が嬉野でありました。
久し振りに嬉野に一泊しました。

今朝は小雨でしたが、宿から眺めるしっとりとした嬉野の朝の景色は
旅情をそそります。

嬉野の朝の風景1(2013-06-30)
嬉野の朝の風景2(2013-06-30)
嬉野の朝の風景3(2013-06-30)
嬉野の朝の風景4(2013-06-30)
嬉野の朝の風景5(2013-06-30)


  嬉野の朝の風景6(2013-06-30)

  かなしみの雨がしづかに止むゆうべ羽根やはらかしわが渡り鳥   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2007年10月11日付掲載作品より ~



嬉野の朝の風景7(2013-06-30)


嬉野川には鳥たちの朝の営みがありました。


嬉野川の鳥たち1(2013-06-30)
嬉野川の鷺5(2013-06-30)

  嬉野川の鷺4(2013-06-30)

  眠りから覚めても此処がうつつだといふのは少し待て鷺がゐる   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2008年3月27日付掲載作品より ~


スポンサーサイト
残照 | 23:10:34 | Trackback(0) | Comments(2)
だんだんと・・・
   ダンダンキキョウ2(2013-06-06)

     だんだんと青みがかってゆくひとの記憶を ゆっ と片手でつかむ    

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 たくさんのいとこ より ~




だんだんと夏の日差しが強くなってきました。

玄関の脇に「ダンダンギキョウ(桔梗草)」が
小さくてかわいい花を咲かせていました。

花言葉は「人当たりのいい(目立つ所に生える)」だそうです。

ダンダンキキョウ1(2013-06-06)
ダンダンキキョウ3(2013-06-06)


有田もだんだんと、よくなりますように・・・



先日、秋月祐一さんより第一歌集『迷子のカピバラ』を頂戴いたしました。
短歌・写真・イラストを組み合わせたすてきな歌集でした。

ありがとうございました。

迷子のカピバラ


一昨日、宏之と私の母校である有田中学校の図書の先生が
図書館だより「寿瑞(ひさみず)館だより』No.3(6月14日)
を届けて下さいました。

今年4月に有田中学校に赴任してこられた校長先生が、
「宏之君の歌集に感銘を受けました」
と、わざわざ私を訪ねてくださり、その時のことを記事にして
いただいていました。

有中『寿瑞館だより』①

有中『寿瑞館だより』②
(↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)


有田中学校の生徒たちにも宏之のことが、宏之の歌が広がっていっています。

だんだんと・・・。




8月1日は宏之の誕生日ですが、その前に書肆侃侃房「新鋭短歌シリーズ」の中で
宏之の第三歌集を出していただくことになりました。

タイトル:『八月のフルート奏者』
歌の数:佐賀新聞に投稿した歌の中から約400首
    加藤治郎さんと東直子さんのお二人による選歌
その他、宏之の詩一篇を取り上げていただくそうです。

皆さま方のご尽力、ご厚情に心から感謝申し上げます。

出来上がりが今から楽しみです。


だんだんと・・・・・・。


  青い松ぼっくり(2013-06-15)

    八月のフルート奏者きらきらと独り真昼の野を歩みをり   筒井宏之

残照 | 23:59:23 | Trackback(0) | Comments(4)
雨上がりの朝
  雨上がりの朝2(2013-06-10)

       うつくしいみずのこぼれる左目と遠くの森を見つめる右目

      ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~ 
 




日曜日からの雨で木々の緑が色を取り戻しました。

玄関の紫陽花も一気に彩りを増しました。



紫陽花2(2013-06-10)
紫陽花4(2013-06-10)


瑞々しい雨上がりの朝でした。


雨上がりの朝3(2013-06-10)
雨上がりの朝4(2013-06-10)
雨上がりの朝1(2013-06-10)

    庭のような顔があらわれまばたきのたびにこぼしてゆく草の露

      ~ 笹井宏之 『てんとろり』 昏睡動物 より ~
 



紫陽花7(2013-06-10)
紫陽花1(2013-06-10)

      折鶴の羽をはさみで切り落とす 私にひそむ雨の領域

       ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~ 
 

残照 | 23:30:25 | Trackback(0) | Comments(0)
梅雨入り
   蛍1(2013-05-30)

     てのひらに蛍愛でつつ清らかなたましひといふ語を思ひをり   筒井宏之



6月です。

梅雨に入りました。

玄関の紫陽花も日一日と彩りを増しています。


紫陽花2(2013-05-31)
紫陽花7(2013-05-31)
紫陽花1(2013-05-31)
紫陽花5(2013-05-31)


5月26日(日)、「ほたるみにきん祭」がありました。

ほたるみにきん祭7
ほたるみにきん祭6

たくさんの人が集まってくれました。


ほたるみにきん祭1(灯ろう)
灯ろう2

有田の保育園児が作った灯ろう。


ほたるみにきん祭2(セラミー)
セラミー3

3年後の「有田焼創業400年」のマスコットキャラクター「セラミー」も
子どもたちに大人気。


ギターの桃谷先生とは一年振りにご一緒し、オカリナ演奏。
直前に演奏曲目とキーを確認しステージへ。

ほたるみにきん祭3(オカリナ)
ほたるみにきん祭4(オカリナ)

最後のステージで暗くて楽譜が見えなかったのは想定外でしたが、
いずれにしても殆ど即興でしたので、「花は咲く」や「蛍」など
5・6曲演奏し、最後は「ふるさと」をみんなで一緒に歌いました。


蛍2(2013-05-30)
蛍3(2013-05-30)

我家でもこのところ蛍が飛んできてくれます。
蛍は私のデジカメではなかなかうまく撮れません。


  蛍1(2012-06-01)

    風の尾を掴みそこねてしまふのは私が風であるからだらう   筒井宏之 

残照 | 02:13:01 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad