■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

年の瀬に
  墓参り1(2011-12-29)

       眠ったままゆきますね 冬、いくばくかの小麦を麻のふくろにつめて

                 ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~




いよいよ今年もあと一日となりました。

年の瀬にはお墓掃除。

英山の裾野の小高い山(というより丘)の中腹に筒井家の墓はあります。

英山(2011-12-29)


今年は墓の周りの樹木が伐採されていて、我家が少し望めました。

墓参り2(2011-12-29)


家から歩いて10分足らずで登れますが、年のせいか息切れします。

墓参り3(2011-12-29)

有田の町はここから山あいを東西に家並みが連なっています。


墓参り4(2011-12-29)

一番古い墓標は昭和14年建立と記されています。

ご先祖さまに感謝しながら、2011年が終わろうとしています。




12月25日(日)の朝日新聞、読書欄「出会った本」書評委員お薦め「今年の3点」に
穂村弘さんが『てんとろり』を取り上げてくださいました。
ありがとうございました。

  朝日新聞(2011-12-25 穂村弘氏)



【ブログ紹介】

サイバー★スペースふにゃふにゃ砂漠 12月25日
■[book]朝日新聞のこの1年に出会った本より


山田航さんの『トナカイ語研究日誌』 12月25日



ありがとうございました。

   


ハナミズキと煙突1(2011-12-29)

   冬ばつてん「浜辺の唄」ば吹くけんね ばあちやんいつもうたひよつたろ

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~
       
          佐賀新聞 2006.12.7 掲載作品 (筒井宏之として)



ハナミズキと煙突2(2011-12-29)


今年一年、みなさまから賜りましたご厚情にこころから感謝申し上げます。

新しい年が穏やかな一年でありますように。

みなさま、よいお年を!

スポンサーサイト
残照 | 21:28:18 | Trackback(0) | Comments(3)
今年も・・・
  イヴのみーたん(2011-12-24)

        聖夜 星入りの小箱をほうりなげ鏡へと逃げ込むテロリスト

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~





今年も、たくさんの方々に宏之の歌をご紹介いただきました。

みなさまから歌集が紹介されていたことを教えていただいてます。

現代詩手帖2011年12月号1

現代詩手帖12月号に田中綾さんが「短歌展望2011」の中で。

現代詩手帖12月号「短歌展望2011」
(↑クリックすれば大きくなります)


「今年度の収穫」というページで、

斉藤倫さんが、「えーえんとくちから」と「てんとろり」の2冊を、
松本秀文さんと一方井亜稀さんが「えーえんとくちから」

とりあげて下さいました。

松本秀文さんは、次のようにコメントして下さっています。

「夭折した歌人の『ベスト』と呼んでいい選歌集。
 『ふわふわを、つかんだことのかなしみをあれはおそらくしあわせでした』
など、好きな歌がたくさんある。
これからも笹井さんの言葉を大切にしたい」

ありがとうございました。


鈴木美江子さんが『沃野』にご紹介下さいました。

沃野2011年9月号
   (『沃野』2011年9月号)  (↑↓ クリックすれば大きくなります)
沃野2011年11月号
   (『沃野』2011年11月号)
 

ありがとうございました。

角川短歌2012年2月号お知らせ



【ブログ紹介】

NOTHING・・・ 沙羅樹のうた 12月19日

NOTHING・・・ 沙羅樹のうた 12月25日


みなさま、宏之へのすてきなクリスマスの贈り物をありがとうございました。



残照 | 23:48:54 | Trackback(0) | Comments(0)
今年の・・・
  いざ中国へ(2011-10-25福岡上空)

         喩えではなくてちぎれてゆくひとの、さようなら一枚の青空

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~
 



年末余日少なき折から、新聞などでは「今年の重大ニュース」が
取り上げられています。

ということで、我家の今年の重大ニュース。

1月22日 笹井宏之作品集出版記念・三回忌追悼朗読会

2月7日の新聞・追悼朗読会

3月2日の日経新聞文化欄に碗琴紹介


3.11 私たちにとって生涯忘れられない、忘れてはいけない一日


4月18日 「日本のかなしい歌100選」の最後100首目に宏之の歌

6月28日 書評紹介

8月6日  8月7日  大阪にて碗琴

11月2日 『生命の回廊』VOL.3 刊行

11月12日 加藤治郎講演会 彗星のように現代短歌を駆け抜けた笹井宏之の世界 

12月3日 NHKFMシアター『些細なうた』 全国放送 

12月4日 宏之の歌が中学2年生向けの国語教材に

それから、10月25日から27日まで中国瀋陽市へ碗琴演奏に行ってきたことも、
重大ニュースの一つでしょうか。

佐賀県瀋陽代表事務所開設式レセプション(2011-10-25)瀋陽シェラトンホテル

中国瀋陽シェラトンホテル2(2011‐10‐25)
中国瀋陽シェラトンホテル1(2011-10-25)
(写真:中国瀋陽シェラトンホテルレセプション会場  2011-10-25)

瀋陽伊勢丹碗琴演奏3(2011-10-26) 瀋陽伊勢丹碗琴演奏1(2011-10-26)
(写真:中国瀋陽伊勢丹百貨店 佐賀県フェア特設会場 2011-10-26)

25日の佐賀県代表事務所開設式レセプションには300名を超える方が出席。
26日は瀋陽伊勢丹で午前・午後3回演奏。

瀋陽市(旧 奉天)は遼寧省、旧満州地区にある人口780万人の都市。
中国の曲で「草原情歌」などを演奏しましたが、谷村新司の「昴」が
一番喜ばれました。

瀋陽伊勢丹では、子供たちにも碗琴の演奏をしてもらいました。
中国でも、「澄んだきれいな音色に癒されました」「やさしい音色ですね」
と、日本と同じ反応でした。

音楽は万国共通の言語であることを再確認しました。



いろいろな方から、たくさんの「やさしさ」を頂戴した2011年も余すところ10日。

皆さまに心から感謝を申し上げます。

  
メリークリスマス!

残照 | 23:47:49 | Trackback(0) | Comments(2)
ねこさんさん
  ごんちゃん・みーたん(2011-12-17)

         猫に降る雪がやんだら帰ろうか 肌色うすい手を握りあう

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~





急に寒くなり、昨日はみぞれまじりの一日でした。

今日は午後3時より、FMシアター「些細なうた」の再放送が
ありましたが、九州・沖縄ブロックだったようです。

最後に猫さんが登場しましたが、そっくりさん?・・・でした。

友人から「父親役の方の声が、私とそっくりだった」との電話。
実は、私も似ているなぁ、と内心思っていました。


今日の猫さんたちは・・・・・・

ねこさん3(2011-12-17)

めずらしく3人揃ってひなたぼっこ。


ごんちゃん2(2011-12-17)

ごんちゃん「お外はさむそーだね」


みーたん2(2011-12-17)

みーたん「そーだね、今日はホカホカじゅーたんでもさむーい。手がかじかむねぇー」


ごんちゃん5(2011-12-17)

ごんちゃん「さむくても、お腹はへるね」     


ごんちゃん1(2011-12-17)

ごんちゃん「おっ、おとーさん帰ってきた!」


みーたん5(2011-12-17)

みーたん「おかえりなさーい!」


みーたん3(2011-12-17)

みーたん「あのぉー」


ごんちゃん5(2011-12-17)

ごんちゃん「そのぉー」


みーたん6(2011-12-17)

「いただきまーす!」



寒くても、あたたかい一日でした。


【ブログ紹介】

有田一番館の『有田のおばやん記』 12月14日

『書肆侃侃房』さん

いつもありがとうございます。


NHK佐賀放送局スタッフブログ 12月9日

ディレクターさん、ありがとうございました。

残照 | 23:36:46 | Trackback(0) | Comments(4)
朝日新聞カルチャーWEST
  月影2

        風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~





昨日13日(火)の朝日新聞西部版のカルチャー面にも大きく
先月の加藤治郎さんの講演会の記事が掲載されていました。

「南の会」編集人で歌人の伊藤一彦さん、宏之が大変お世話に
なった福岡市の歌人須藤歩実さん、書肆侃侃房の代表田島安江
さんのコメントも紹介されていました。

ありがとうございました。

朝日新聞(2011.12.13)カルチャ-
(↑クリックすれば大きくなります)


残照 | 01:20:43 | Trackback(0) | Comments(0)
暖を取る
  山茶花1(2011-12-11)

        コーヒーにあたためられた喉からの声で隣の人があたたまる

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 飛ぶもの より ~




このところめっきり冷え込んできましたので、
昨日からストーブを出しました。


山茶花4(2011-12-11)

この一ヶ月、目を楽しませてくれた玄関の山茶花もだいぶ
花びらが落ちましたので、そろそろ剪定の時期です。

山茶花3(2011-12-11)



昨日、福岡の読売新聞西部本社から先月の福岡での
講演会の記事が11月29日の夕刊に掲載された
とのことで、新聞が送られてきました。

読売新聞夕刊(2011-11-29)
( ↑ クリックすれば大きくなります)

ありがとうございました。



東京の出版社より中学2年の国語教材の原稿コピーが送られてきました。

短歌なう  現代の、新感覚の歌人の歌を味わってみましょう。』


そのページには、穂村弘さん、枡野浩一さん、笹公人さん、東直子さん、
やすたけまりさん、雪舟えまさん・・・・・・

短歌に無縁の私が知っている現代短歌のそうそうたる歌人の方々の中に
笹井宏之の短歌が。

宏之の歌は、漫画「ONE PIECE」から着想して詠まれた歌が取り上げられて
いました。


ありがたいというより、正直、驚いています。

残照 | 01:39:04 | Trackback(0) | Comments(2)
泉山の大公孫樹
  泉山の大公孫樹1

        かなしみが冬のひなたにおいてある世界にひとり目覚めてしまう

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~





樹齢千年、有田泉山、弁財天の大公孫樹。

何万枚もの葉を落とし冬がやってくる。


泉山の大公孫樹2


根回り11.6m、枝張り18m。

一本の公孫樹の木で、これだけの巨木は
日本にも数少ない名木、古木です。


泉山の大公孫樹3


黄色い絨毯が見事でした。


今日、『些細なうた』を制作していただいたNHKのディレクターさんより

「来週、12月17日(土)午後3時より再放送があります」

との連絡がありました。

お聴き逃しの方は是非お聴きください。



【ブログ紹介】

いつのえみさんの『dawn chorus』 12月2日

尾形英隆君の『葉隠の里 みつばち通信』 12月4日


ありがとうございました。

残照 | 23:54:49 | Trackback(0) | Comments(4)
冬支度
  歴史民俗資料館入口1(2011-12-03)

       冬の詩をスーツケースに閉じ込めていつの日も旅人でありたい

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 かたととん より ~





昨夜のFMシアター『些細なうた』放送後、たくさんの方に
このブログにご訪問いただいています。

電話・メールなども頂戴しています。

ブログに書きこんでいただいたり、ツイートしていただいたり
多くの方にお聴きいただきありがとうございました。

『些細なうた』にご紹介いただいた宏之の歌は19首でした。

『些細なうた』短歌(2011-12-03放送)
    (↑ クリックすれば大きくなります)

番組の初めの方に、宏之の楽曲 【Sasa-Note】『桜』 を少しだけですが
使っていただいてました。



一昨日、東京の学習教材の出版社よりうれしいご連絡を
いただきました。

中学2年生向けの国語教材(平成24年度から27年度)
に笹井宏之の短歌を掲載して下さるそうです。

子どもたちに宏之の歌を読んでもらえること、笹井宏之という
短歌を詠んでいた人間がいたという存在を知ってもらえること
がとてもありがたいです。

昨夜のFMシアター『些細なうた』の全国放送もいろいろな人に
宏之の短歌を知っていただく機会を作っていただきましたことに
とても感謝しています。

今まで短歌と無縁であった人からも、
「何となくよかったです。短歌から感じるところがありました」
とのうれしいコメントを戴きました。


今、私たち家族が宏之のためにしてやれることは、宏之が残して
くれた歌を一人でも多くの人に読んでいただくことしかできません。


今こうしてみなさまのお力添えで、宏之の歌が広がっております
ことが私たちの喜びです。


本当にありがとうございました。



12月に入り我家もそろそろ冬支度です。

ネコさんはますます丸まっています。

のんちゃん1

「のんちゃん、おはようー」

のんちゃん2

「ん・・・、おはよー・・・」  

残照 | 11:26:25 | Trackback(0) | Comments(10)
落葉
  大公孫樹の落葉(2011-12-03)

      それはもう「またね」も聞こえないくらい雨降ってます ドア閉まります

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




夜来の雨と風で、泉山大公孫樹も黄金色の葉を落としました。

今朝、小雨の中、近隣を一巡り。


  大公孫樹落葉2(2011-12-03)

        千年の眠りののちに語られる世界がやさしくあるための嘘

     ~ 笹井宏之 『てんとろり』 世界がやさしくあるためのメモ より ~




泉山の磁石場の紅葉も最後の彩り。

  紅葉と英山(2011-12-03)

        食卓にもみじの苗が二、三本あがっていたらそれは希望です

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 たくさんのいとこ より ~





泉山磁石場1(2011-12-03)


白磁の石と紅葉。

まさに、有田焼の白い磁肌に映える赤絵を思わせます。




たくさんの方が、今日(3日)のNHK-FMで全国放送される
FMシアター『些細なうた』や宏之の歌をご紹介下さっています。

ありがとうございました。

昨日は夕方、NHK佐賀の「ニュースただいま佐賀」でFMシアターの
番宣と収録の様子が5分位流れました。
     

【ブログ紹介】

ムムリクさんの『アート日記』 12月2日

私たち夫婦の友人、川口愛子さんがご紹介下さった
『ウェブマガジン・のたる』 12月2日

有田のデザイナー 古賀義孝さん

今泉洋子さんの『sironeko』 12月1日

沙羅樹さんの『NOTHING・・・沙羅樹のうた』 11月30日 


Twitterでもいろいろな方がご紹介下さっています。
ありがとうございました。


今回の放送のおかげで、NHK-FMや第1・第2のラジオが
インターネットで聴けることがわかりました。

らじる★らじる NHKネットラジオ

@日本【NHK-FM】





  山茶花と煙突2(2011-12-03)

        ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~
  

残照 | 11:52:19 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad