■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お疲れさま
  夕景1(2011-09-26)

        くちぶえのとびきり似合う風が吹き昭和通りはいま夕ぐれに

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~

   



仕事帰りに夕焼けが語りかける。

「今日も一日お疲れさま」




  夕景2(2011-09-26)

        靴音の消えてしまった街角でふいにモーツァルトがうたいだす

               ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 あし圧縮 より ~


残照 | 23:58:13 | Trackback(0) | Comments(0)
天高く・・・
  秋空4(2011-09-23)

       くつみがきの少年たちをつつむ手として太陽は昇る、しずかに

             ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~





「暑さ寒さも彼岸まで」

本当に、朝夕はめっきり涼しくなりました。

今朝の空は、雲一つない真っ青な秋空。

秋空3(2011-09-23)



お彼岸の中日。曼珠沙華が赤く咲き乱れています。


彼岸花(2011-09-23)



此岸に惑いながら、彼岸の君をおもふ・・・・・・

秋の空はどこまでも高く澄みわたり

彼の岸は限りなく遠い・・・・・・


秋空2(2011-09-23)



【ブログ紹介】

中村成志さんの『はいほー通信 短歌編』 9月23日


ありがとうございました。

残照 | 14:19:07 | Trackback(0) | Comments(0)
敬老の日
  彼岸花1(2011-09-19)

       ひろゆき、と平仮名めきて呼ぶときの祖母の瞳のいつくしき黒

      ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 『てんとろり』 冬のよろこび より ~

           「佐賀新聞」 2007.11.15 掲載作品 (筒井宏之として)




今日は敬老の日。

母は今年92歳。
宏之の歌が毎週「佐賀新聞」の読者文芸に掲載されるのを
とても楽しみにしていました。


     秋の野に1(2011-09-19)

     シゲヨさん、むかしのことをはなすとき百合にならなくてもいいからね

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




今年も家の周りには彼岸花が咲き始めました。


彼岸花3(2011-09-19)


今はもう秋・・・・・・



彼岸花2(2011-09-19)
彼岸花6(2011-09-19)



【ブログ紹介】

伊津野重美さんの 『dawn chorus』  9月12日

********************************************************

    フォルテピアニシモ vol.7  ~ wish ~

http://homepage2.nifty.com/paperpiano/wish.html

 ひとはみな誰かの泉 いのち抱き露草の蒼踏みしめてゆく

   伊津野 重美  朗読  

    田中 流  写真


日時:2011年11月3日(木・祝)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
チケット前売り発売 10月3日(月)より
前売りは店頭販売かweb予約
予約アドレス http://www.mandala.gr.jp/spc/ticket/yoyaku.html

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分


◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ』(写真/岡田 敦)を風媒社より刊行。
2010年に写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美)を青幻舎より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集。
2011年 笹井宏之作品集『えーえんとくちから』parco出版、編集委員。
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。

〈paperpiano〉 http://homepage2.nifty.com/paperpiano/

********************************************************

残照 | 15:23:36 | Trackback(0) | Comments(0)
ささやかな・・・
  夕景(2011-09-13)

       風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~





ささやかな一日が過ぎてゆきました。


帰宅するとささやかなバースデイケーキが食卓に。
  
  バースデイケーキ1(2011-09-13)

       さまざまにチーズケーキをきりわける月のみぎわのおれんじ野郎

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~
 



どれにしようかな・・・・・・

やっぱり、これかな。

バースデイケーキ2(2011-09-13)


孝徳からは「碗琴」のCDとDVDが数枚。

DVD・CD1(2011-09-13)

「デモ用に2パターン作っておいたから」

と素っ気ない一言。


ショートケーキとCD、DVD数枚。

ささやかな気遣いが大きなバースデイプレゼントでした。
 



月のきれいなバースデイナイトでした。

やはり「月見る月はこの月の月」でしょうか。

しばし、お月見を。


中秋の月8(2011-09-13)
中秋の月1(2011-09-13)


手振れでハート型の月も・・・・・・

中秋の月2(2011-09-13)

中秋の月3(2011-09-13)
中秋の月4(2011-09-13)
中秋の月5(2011-09-13)
中秋の月6(2011-09-13)


  中秋の名月1(2011-09-13)

       さあ私たちは崩れましょう 月の海を走りつかれたジープのように

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~


残照 | 23:58:48 | Trackback(0) | Comments(6)
鎮魂の祈り
  2011-09-07の空1

        鰯雲のうろこのなかへ釣り針のように突っ込んでゆく旅客機

                 ~ 笹井宏之 『てんとろり』 鰯雲 より ~





昨日は9.11から10年、そして東日本大震災より半年。

被災者の御霊安らかならんことを願わずにはいられません。


紫の花2(2011-09-11)


中秋の名月に祈りを捧げながら、50代最後の夜を過ごす・・・・・・


  中秋の月(2011-09-13)  

          長い長い手紙の終わりから一羽極楽鳥が飛び立つゆうべ

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~


残照 | 23:49:52 | Trackback(0) | Comments(0)
秋の夜長
  ごんちゃん就寝中(2011-09-06)

        それは明日旅立ってゆく人のゆめ こうのとりには熱いポトフを

                ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 すきま抄 より ~





「朝夕はだいぶ涼しくなってきましたので、あったかい座布団で
丸まっています」(ごんちゃん)


みーたん2(2011-09-06)

「読書の秋。ムムリクさんの『いい夢みてね!』の絵本
読んでくれないかなー」(みーたん)



ごんちゃん2(2011-09-06)

「ぼくが先にお願いしてたんだけど・・・・・・」(ごんちゃん)



のんちゃん(2011-09-06)

「あのー、ladies first!わたしが先です」(のんちゃん)



みーたん食事前(2011-09-06)

「食欲の秋。おなか空いた」(みーたん)



ごんちゃん3(2011-09-06)

「おー、そうだ、ぼくもはらへった」(ごんちゃん)



2ショット食事中(2011-09-06)

「いただきまーす」(ごん、みー)


2ショット(2011‐09‐06)

「おごちそうさまでした」「おやすみなさい」(ごん、みー)



秋の夜長、我家のねこさんたちは相も変わらず
元気に気ままに思い思いの時を過ごしています。

残照 | 01:38:00 | Trackback(0) | Comments(2)
雨の日曜日
  雨の日曜日3(2011-09-04)

        あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~




台風の影響で9月に入ってから雨の日が続いています。

風は静まりましたが雨の日曜日です。


家の周囲を一回り。


雨の日曜日1(2011-09-04)

雨の日曜日2(2011-09-04)

雨の日曜日5(2011-09-04)

雨の日曜日8(2011-09-04)
雨の日曜日7(2011-09-04)

雨の日曜日6(2011-09-04)


少し涼しい日曜日です。


  雨の日曜日10(2011-09-04)

       台風がわたしの喉を通過する どうか、どうか受け止めてください

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~




台風前日(9月1日)の夕景。

  2011‐09‐01の夕景2
  2011‐09‐01の夕景1

       遊具からおちる子どもを見ています 夕焼けがたいへんきれいです

             ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~
     





昨日3日(土)、「週間ブックレビュー」NHKBSプレミアムで、
東直子さんが宏之の『てんとろり』を紹介して下さったそうですが
見過ごしました。

再放送は、9月5日(月)午前2時~(日曜深夜)、
9月9日(金)正午~ です。

『とうすみ日記』 8月27日 

残照 | 12:36:28 | Trackback(0) | Comments(2)