FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

風鈴
   有田館風鈴1(2011-06-18)

        どちらからともなく音になりすまし夜の海へと響いていった

                ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~




今日も、そぼ降る雨の一日でした。

昨日(18日)から伊万里市大川内山の「風鈴まつり」が始まりました。
オープニングの碗琴演奏時は、雨は降り止んでくれました。

風鈴まつり2
(写真:伊万里市大川内山「風鈴まつり」会場)

東日本大震災から丁度100日目でした。
私たちの思いを磁器の音にのせて、被災地の皆さんに届くよう、心を込めて
「南部牛追唄」を演奏しました。


有田駅前の「有田一番館」でも「風鈴まつり」が始まりましたので、
大川内山の帰りにちょっと立ち寄ってきました。(会場:上の写真)

♪ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♪

たくさんの風鈴の中から、7個の風鈴を選んで音階順に並べられていました。
勝手に、その風鈴で「七夕」の曲を奏でてきました。

一番館風鈴(音階)(2011-06-18)
(写真:「有田一番館」の音階風鈴)


よく考えたら、「碗琴」の原点は「風鈴」の涼やかな音色でした。



【ブログ紹介】

今泉洋子さんがご自分のブログ(6月18日)で、
「コスモス7月号の『気になるホン、ほん・本』に笹井宏之さんの『てんとろり』を
小島なおさんが紹介されている」とご紹介下さっていました。

いつもありがとうございます。


スポンサーサイト



残照 | 23:50:10 | Trackback(0) | Comments(4)