■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

アーカイブ 
   紫陽花1(2011-06-28 19:00)

        げんじつとうひのまっただなか
       ふかみどりの帽子を脱いで去ってゆく入道雲製造所の所長

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 かたととん より ~




ここ二日間、なにも手につかなかった。
どうしようもなくなって、外へ出てみたら
入道雲が高く高くそびえていて、思わず、

「あー、夏」

と、口が動いた。

“風鈴”を鳴らしたくなった。


* * *


【2006/07/26 22:13】 | 短歌交換日記 |より


雲



2004年から2005年にかけて、宏之が「笹音」として
詩を書いていたころに一緒に、詩を作っていたという方から
二人で作ったという詩を2篇送っていただきました。

ありがとうございました。

そのまま掲載させていただきます。


〇かぐやのしらべ〇



笹音宏之&シオン




明かりが灯りだす


静かな夕べ


星屑たちは歌いだす


切なくよるべない



かすかな声で



夜の歌を‥



竹林にたたづむ



あなたに


聞こえますか?



星月のメロディー


感じますか?




いつの日も絶えぬ愛




星月夜には



似合わぬけれど



竹トンボ


月に飛ばして


祈りましょう




弧を描け私の想い‥





さらさら



さわやか纏う風



どうか神楽の



音色に乗って



迷わぬよう



銀月へ




あなたと私の月詠みよ



雲路を照らすかぐや姫





今宵の笹は光りを纏う



いと麗しきかぐや姫





久遠の月へと



帰りましょう




笹 音 さらさら



光るでしょ





心の水面に映るでしょ







2004.6.26



もう1篇は(続きを読む)でご覧ください。

続きを読む >>
残照 | 23:56:29 | Trackback(0) | Comments(0)
ひかりふる 青空
   夕景1(2011-06-28 19:00)

          喩えではなくてちぎれてゆくひとの、さようなら一枚の青空

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~





久しぶりの青空。


   夕景と紫陽花2(2011-06-28 19:00)

   

(写真:玄関からの夕景と紫陽花 19:00撮影)


暑い一日でした。


   夕景2(2011-06-28 19:00)



東京にいる高校時代の友人が一枚の写真を送ってくれました。
彼の職場の同僚の方が書をなさっていて、以前に『えーえんとくちから』を
紹介してくれていたということで、その歌の中から気に入ったものを幾つか
書にしていただいた作品の一つを写して下さったそうです。

書家の方にも・・・・・・。

様々な形で宏之が生きてくれていることがうれしいです。

前田君、坂本蘭風様、ありがとうございました。


     ひかりふる(書)1


      
      ひかりふる音楽室でシンバルを磨いて眠る一寸法師

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 くらげ発電 より ~



残照 | 22:22:38 | Trackback(0) | Comments(0)
書評の紹介
   早朝の山際

       だんだんと青みがかってゆくひとの記憶を ゆっ と片手でつかむ

             ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 たくさんのいとこ より ~





今月もいろいろな方が宏之の歌集を紹介して下さっています。


2011/06/21
一首鑑賞
日々のクオリア
澤村 斉美さんが次の歌を評して下さっています。

さよならのこだまが消えてしまうころあなたのなかを落ちる海鳥

             笹井宏之『てんとろり』(2011年)


今泉洋子さんが教えてくださいました。ありがとうございました。



『歌壇』7月号 山田航さんが『てんとろり』を評してくださいました。

岸原さやさんがコピーを送って下さいました。ありがとうございました。



『短歌研究』7月号 「作品季評」で『てんとろり』をお三方が対談で、

評してくださいました。



『タウン情報さが』6月号の「佐賀の人」Vol.228で歌人笹井宏之を
紹介していただきました。



6月12日の熊本日日新聞に熊本大文学部准教授の西槇 偉(にしまき いさむ)先生が
『ひとさらい』『てんとろり』をご紹介くださいました。

本田由美さんが教えてくださいました。ありがとうございました。



みなさま、本当にありがとうございました。


(続きを読む)で本文を紹介しています。

続きを読む >>
残照 | 02:48:19 | Trackback(0) | Comments(0)
友と集う
   有田ポーセリンパーク ツヴィンガー宮殿(2011-06-25)2

         霊園にただ一度だけ鳴らされた無名作曲家のファンファーレ

                ~ 笹井宏之 『てんとろり』 飛ぶもの より ~




昨夜は「二六会」が有田ポーセリンパークでありました。

昭和26・27年生まれの有田中学校同窓の気の置けない仲間会で、
毎月26日前後に開催していて、もうかれこれ32年。

約10名で始めた小さな集いですが、発足当時、私たちも20代後半で
「有田の将来を考え、一人ひとりの力は細やかだが、お互いに研鑚し
まとまれば、有田を担う力になる」という熱い志に燃えた勉強会でした。

子育て時期は「家族会」、宏之も海水浴・花見・周年記念の小旅行など
よく連れて行きました。

今は8名で「飲み会」を続けています。

30年以上毎月集って情報交換、悩み・人生相談、今は専ら「健康」が
話題の中心。みんなそこそこガタがきているので、それなりの健康法を
実践しているようです。

30年も一緒に歩いてくると、皆それぞれにいろいろなことがあります。

楽しいこともたくさんありました。

試練もありました。

喜び・悲しみを分かち合いました。


この2年半、仲間に支えられました。心から感謝です。



帰りには「ツヴィンガー宮殿」がライトアップされてました。


一周忌の時には「追悼コンサート」、三回忌は「追悼朗読会」を
ここ「有田ポーセリンパーク」で開催しました。

   有田ポーセリンパーク ツヴィンガー宮殿(2011-06-25)1

         あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

                ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~



残照 | 23:11:26 | Trackback(0) | Comments(0)
暑い一日の始まり
   2011-06-25 早朝7

          部屋中が夏草で覆われる日に私は旅を終えるつもりです

                 ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~ 
 



午前6時。気温はもう30度近い。

今日も暑い一日になりそう。


2011-06-25 早朝1




朝、家の周りを一歩き。

2011-06-25 早朝8


2011-06-25 早朝6


2011-06-25 早朝5



刑事コロンボが亡くなった。


   2011-06-25 早朝9

         コロンボさんのかみさんが亡くなってセリフが減少しています、警部
      
                警部、

                ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 晴れの日の仙人 より ~
  
   

残照 | 08:18:30 | Trackback(0) | Comments(0)
風鈴
   有田館風鈴1(2011-06-18)

        どちらからともなく音になりすまし夜の海へと響いていった

                ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~




今日も、そぼ降る雨の一日でした。

昨日(18日)から伊万里市大川内山の「風鈴まつり」が始まりました。
オープニングの碗琴演奏時は、雨は降り止んでくれました。

風鈴まつり2
(写真:伊万里市大川内山「風鈴まつり」会場)

東日本大震災から丁度100日目でした。
私たちの思いを磁器の音にのせて、被災地の皆さんに届くよう、心を込めて
「南部牛追唄」を演奏しました。


有田駅前の「有田一番館」でも「風鈴まつり」が始まりましたので、
大川内山の帰りにちょっと立ち寄ってきました。(会場:上の写真)

♪ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♪

たくさんの風鈴の中から、7個の風鈴を選んで音階順に並べられていました。
勝手に、その風鈴で「七夕」の曲を奏でてきました。

一番館風鈴(音階)(2011-06-18)
(写真:「有田一番館」の音階風鈴)


よく考えたら、「碗琴」の原点は「風鈴」の涼やかな音色でした。



【ブログ紹介】

今泉洋子さんがご自分のブログ(6月18日)で、
「コスモス7月号の『気になるホン、ほん・本』に笹井宏之さんの『てんとろり』を
小島なおさんが紹介されている」とご紹介下さっていました。

いつもありがとうございます。


残照 | 23:50:10 | Trackback(0) | Comments(4)
碗琴のお弟子さん
   紫陽花1(2011-06-14)

   ねむりゐるきみがひとみをあふれきた夏のなみだはみづいろである

         ~ 笹井宏之『てんとろり』 冬のよろこび より ~ 
              
          「佐賀新聞」 2006.6.1 掲載作品 (筒井宏之として)
 




雨の日が続いています。


雨の中、一昨日兵庫県と福岡県うきは市からお二人の方が有田を
訪れてくださいました。
7月3日から10日まで高野山で開催されるアートイベントに参加
される女性アーティストの方たちでした。

「Happy maker in 高野山 2011」

兵庫県から来られた方は「お米」のパフォーマンスをなさる方で、
「お米とご飯を盛る有田焼の器」という繋がりで、碗琴の演奏を
なさりたいということで、今年の2月に有田に来られました。

とても熱心だったこともありますが、キラキラした純粋な眼差しに
心動かされ、碗琴の仲間が応援団になり、高野山でのパフォーマンス
のための碗琴を2オクターブ揃え、一昨日は約3時間ほど「特訓(?)」
して送り出しました。
いつの間にか「碗琴の先生」になってしまい、第1号の「お弟子さん」
が勝手に誕生してしまいました。

これも宏之の歌に出会われたのがきっかけで、このブログで私の碗琴の
ことを知って有田に来られましたので、宏之が繋いでくれたご縁です。

すてきなアートイベントと「愛弟子」のすてきな生き方にエールを
送りたいと思います。



【ブログ紹介】

「トナカイ語研究日誌」 6月13日

ありがとうございました。    

残照 | 23:52:36 | Trackback(0) | Comments(0)
雨あがり
   月(2011-06-13)

          月足らずで生まれたらしい弟を補うようにつきのひかりは

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 飛ぶもの より ~





3日降り続いた雨もようやく上がりました。

玄関の紫陽花も色を増しています。


紫陽花(2011-06-12)



夕方エフエム佐賀の方が碗琴の取材に来られました。

今週の土曜日(18日)から始まる伊万里・大川内山の
「風鈴まつり2011」のオープニングで朝10時から
演奏します。
今回で6回目の演奏になりますが、雨で演奏できなかった
ことはありません。

今年も晴れますように!

エフエム佐賀の放送は17日(金)の12時からで、
「風鈴まつり」のことを取り上げていただきます。

インタビューの最後に、東日本に行くことを話しました。

明後日の夕方には、福岡のRKB毎日放送の取材です。
東日本での演奏のことをまた話すつもりです。



【ブログ紹介】

「雪香さんの星月夜日記」 6月10日  6月11日  6月13日

とてもすてきなブログに紹介していただきありがとうございました。

残照 | 23:50:24 | Trackback(0) | Comments(6)
蛍が・・・
   蛍1(2011-06-10)

   蛍が飛んできました。

   ひかりました。

   午前2時。

   蛍2(2011-06-10)

        つきあかりを鞄にいれてしまいます こんなにもこんなにもひとりで

             ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さようなら より ~



残照 | 02:25:38 | Trackback(0) | Comments(9)
紫陽花
   紫陽花1(2011-06-09)

        雨のことばかりがのっている辞書を六月のひなたに置いてみる

                  ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~




梅雨に入り、紫陽花の季節になりました。

我家の玄関の紫陽花は雨に打たれて、これから七変化。


玄関の紫陽花(2011-06-08)



昨夜11時頃から、池のほとりに蛍が2匹飛び交い、
宏之が眺めていた窓ガラスの外に、とまっていたそうです。

残念ながら私は寝入っていて見ることができませんでした。

淡い期待とともに今まで外を眺めていましたが、今夜は
飛んできてくれませんでした。

午前1時。明日の夜は・・・・・・


蛍をみると宏之の面影と重なります・・・・・・

残照 | 01:06:53 | Trackback(0) | Comments(0)
暑い一日
   池のツツジ2

         耳鳴りがわたしを好むのもなにか小さな愛のような気がする

                 ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ゆらぎ より ~




6月に入り、やっと暑くなってきました。

例年より少し遅れて池の端のツツジが白い花を咲かせ始めました。

昨日、今日と暑い一日でした。


池の鯉2(2011-06-05)


昨夜は「ほたるみにきん祭」があり、たくさんの人が集まってくれました。
こどもたちや若い人がたくさん集まると会場に活気が漲ります。
会場の元気を少しお裾分けします。

「ほたるみにきん祭」1
「ほたるみにきん祭」2
「ほたるみにきん祭」3
「ほたるみにきん祭」4
「ほたるみにきん祭」5
「ほたるみにきん祭」6
「ほたるみにきん祭」7
「ほたるみにきん祭」8
「ほたるみにきん祭」9

蛍もたくさん飛び交っていましたが、残念ながら
私のカメラでは撮ることができませんでした。

「ほたるみにきん祭」のほたる

辛うじて、地元のケーブルテレビのカメラにとまっていたホタル(中央)をパチリ。

ホタルマップ


有田町中の原

この界隈(有田町中の原地区)が蛍の見どころ。

実は、蛍も例年より10日から2週間ほど遅れて飛び始めましたので、
暑くなってきた今からが見頃です。
6月下旬までは蛍の乱舞が見られますのでお出かけください。



だんだん桔梗1(2011-06-05) だんだん桔梗2(2011-06-05)

家の周りに「だんだん桔梗」がたくさん咲いています。

小さな花ですが、文字通り、紫の花が段々に咲いています。


【ブログ紹介】

「かとちゃんの想いを風にのせて」(5月27日)

ありがとうございました。

残照 | 22:49:18 | Trackback(0) | Comments(2)
希望の光
   キャンドルプレート(2011-06-02)

        一様に屈折をする声、言葉、ひかり わたしはゆめをみるみず

                 ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ゆらぎ より ~





6月4日(土)午後6時より「ほたるみにきん祭」
有田町東庁舎の駐車場内で行われます。

その中で有田焼のキャンドルプレートを使って、
子どもたちが希望の光を灯していきます。

「みんなで完成させよう! 
 希望の光 チャリティキャンドル」 


被災地にも希望の光を大きく灯していきたい、

それが私たちの願いです。


4日の夜は、「ほたるみにきんさい」(蛍を見に来て下さい)



茅の輪くぐり(2011-06-01)

6月1日は「山登り」という行事が行われます。
この慣習及び名称は有田にしかない伝統行事で、江戸時代に有田の
職人たちが「山登り」と称して気晴らしに、この日は仕事を休み旅行や
酒宴を催す唯一の行楽であったことが『皿山代官旧記覚書』(1807年)
に記されています。

有田では現在でも、この日を同窓会の期日と決めて遠方に居住している
有田出身者も参集し、八阪神社に参拝後、小旅行や宴会をする団体も多く、
「山登り」の風習が根強く定着しています。

私たちも先人に倣い、昨日は「有田中学校還暦同窓会」を開催しました。
遠方からも友人が帰省し、100名を超える同窓生が集い、旧交を温めました。

八阪神社で茅萱で作った「茅の輪」をくぐり、みんな揃って厄年のお祓い
の神事の後、ハウステンボスJR全日空ホテルで懇親会。
物故者と大震災で亡くなられた方への黙とうを捧げた後、宴会では碗琴演奏
と校歌斉唱の指揮担当でしたので、校歌はオカリナで伴奏してきました。

中学卒業以来、45年ぶりに会う友人もありましたが、この日ばかりは
中学生に戻り「○○ちゃん」「○○君」。
初恋談義にも花が咲いていました。

元気に還暦を迎えられたことに感謝しつつ、3年後の再会を誓ってお開き。

赤ちゃんに還ったので、次の成人式まであと20年。

希望の光を灯しながら・・・・・・。

残照 | 23:20:09 | Trackback(0) | Comments(0)