■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
始まりました。
   シャクナゲ(2011.04.28)

     ふれられたときになにかをうばわれる ここちよいここちよいおはなし

               ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さようなら より ~





裏庭のシャクナゲが満開です。

ピンクのツツジも花が揃いました。

陶器市のお迎えの準備ができました。


ツツジ(2011.04.28)



陶器市初日、お天気にも恵まれたくさんの人に来ていただきました。

有田陶器市3(2011.04.29)


ボーイスカウトの子供たちの

「東日本大震災への義援金にご協力くださーーい!!」

という元気な声に、皆さん足をとめてくださいました。


有田陶器市1(2011.04.29)


有田観光情報センター前の広場は「佐賀県観光物産展」と休憩所で
終日賑わいました。

有田陶器市4(2011.04.29)




2日目の今日は、お天気はいいのですが風が少し強いようです。

8時30分現在、泉山の駐車場はもう満車です。




スポンサーサイト
残照 | 08:39:42 | Trackback(0) | Comments(0)
明日から有田陶器市
   有田陶器市

         皿山に皿の音ひびき一本の苗より生まれし大樹のそよぎ

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~

          「佐賀新聞」 2007.5.17 掲載作品 (筒井宏之として)





いよいよ明日から5月5日(木)まで「第108回有田陶器市」です。

有田観光情報センターのHP「ありたさんぽ」の特設ページ

「有田陶器市」のご案内をしています。


今年も5月1日(日)と3日(火)の午前11時と午後1時30分頃、
大樽の手塚商店さんのギャラリー「蔵」2Fで「碗琴」を演奏しています。

よろしかったら、お立ち寄りください。



残照 | 17:20:22 | Trackback(0) | Comments(5)
今、伝えたいこと
   ムムリクさんの「いい夢見てね!」
       

         うすももの頬(笹井宏之)


昨夜、福岡から帰宅してすぐにパソコンに向かい
宏之の歌が浮かび、『些細』で紹介して就寝。

驚いたことに、今ムムリクさんのアート日記を覗いたら

すてきな絵がとびこんできました。

宏之の自筆の歌を探して紹介してくださっていました。


こんなすてきな偶然があるのですね。


涙・涙の大感激です。ありがとうございました。


我家のみーたんも感涙に咽ておりました。

(恥ずかしがり屋で、後姿なのでわかりにくいでしょうが・・・)

背中が泣いています・・・・・・

みーたん(2011.04.25)


2011年04月23日(土)の孫さんの「自然エネルギー財団」設立も読んでね!」

と、みーたんが私の思いを代弁しています。


同じ日(23日)、宏之が敬愛した私の友人尾形君のブログで教えてもらいました。

ここでも偶然が・・・


いや、これは必然です。


今、伝えたいこと。

多くの人に伝えなければいけないことです。


ハナミズキ(2011.04.25)

ハナミズキの花びらが、強い春風にパタパタと煽られながらも
必死に太陽に顔をむけていました。


太陽は万民に、平等にやさしく降り注いでいます。

私たちを、これからの子供たちを守ってくれるのは、
地球を救ってくれるのは・・・・・・


自然の恵みを大切にしなければ。

私たちも地球にやさしい生活をしなければ。

そう思います。そう願っています。


千年の眠りののちに語られる世界がやさしくあるための嘘   笹井宏之


残照 | 23:34:16 | Trackback(0) | Comments(11)
RKBラジオ出演
   RKBマスコットキャラクター「モモピッ!」

      こくこくと小さなのどを鳴らしてはお茶を飲む子のうすももの頬

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~

           「佐賀新聞」 2008.11.27 掲載作品 (筒井宏之として)




2008年11月27日の佐賀新聞「読者文芸」に掲載された歌です。
亡くなる2ヶ月前に詠んでいました。

この頃体調がいい時は、佐賀市内にあるフリースペースに通っていました。
「居場所」の子供たちと一緒に時を過ごしながら、子供たちが作った詩に
曲を付けてあげたりしていました。

キーボードやギターを携えて通っていて、一緒に音楽などを楽しんでいた
ようです。

また、子供たちと一緒に短歌も作っていたようです。壁に貼られた短冊の
中に、この一首がありました。


「こくこくと小さなのどを鳴らしてはお茶を飲む子のうすももの頬」


短冊に書かれた文字はお世辞にも上手な字とは言えませんでしたが、
宏之らしい、やさしく丁寧な一文字、一文字でした。


穏やかなまなざしの宏之がそこに佇んでいます。

とても好きな歌です。



上の写真は、RKB毎日放送のマスコットキャラクター「ももピッ!」
おそらく、社屋のある福岡市の百道(ももち)浜から採られた名称でしょう。
すぐ近くにはソフトバンクホークスの本拠地「ヤフードーム」があります。
この辺りは「シーサイドももち地区」と呼ばれています。


今日、午後7時15分過ぎから、RKBラジオ『こだわりハーフタイム』という
番組に出演してきました。
「日曜日のプロフェッショナル:いろいろな分野のプロにその技や極意をきく」
というコーナーに「碗琴」での出演依頼があり、夕方から福岡に出かけ碗琴演奏を
交えながら、20分位おしゃべりしてきました。

テレビは何度か生出演しましたが、ラジオ番組のスタジオ出演は初めてでしたので
興味津々で局に入りました。
スタジオは狭く、碗琴は通常テーブル2台(360cm幅)を用意して貰うのですが
パーソナリティと向かい合わせで、半分の180cmのテーブル。全部は並びません
ので、急遽お茶碗の数を2/3に減らして演奏。

パーソナリティ2人との打ち合わせなし、演奏曲目の打ち合わせもなしで突然スタート
して、予定では7~8分と聞いてましたが、結構話も弾み、演奏の方も「ハナミズキ」と
「エリーゼのために」の2曲演奏させていただき、結局20分近く出演していました。

有田と陶器市のPRには貢献できたかなと思いながら、帰途につきました。

RKB毎日放送Aスタジオ(2011.04.24)

根がミーハーなもので、コマーシャルと曲の合間に記念写真をお願いしたところ、
パーソナリティのお2人は快くOKして下さいました。



残照 | 23:55:02 | Trackback(0) | Comments(1)
花だより
   シャクナゲ(2011.04.21)

        果樹園に風をむすんでいるひとと風をほどいているひとの声

            ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ステーキナイフ より ~




私の好きな歌のひとつです。


裏庭のシャクナゲが見ごろになってきました。

GWの陶器市の頃になると家の周りの花々が
一緒にお客様を迎える準備に入ります。

八重桜(2011.04.21)
(八重桜)

ツツジ・赤(2011.04.21)

ツツジ・ピンク(2011.04.21)
(玄関のツツジ)


そして、ハナミズキもそろそろ・・・

ハナミズキ(2011.04.21)


佐賀の歌人今泉洋子さんが、

「コスモス5月号の展望『表現の背後に』を大松さんが
書かれていて、きょうの大松さんのブログで紹介されて
います。
また3月31日4月1日にも「ひとさらい」や「てんとろり」
を紹介されています。」

と教えてくださいました。


ありがとうございました。



【ブログ紹介】

みいさんの『ふくろうの三十一文字』  4月21日

みいさん、すてきにやさしくご紹介いただき
ありがとうございました。

残照 | 22:05:25 | Trackback(0) | Comments(4)
千代紙人形
       紙人形

      つばさではないと言われたことがある 羽ばたくようにしてみせたのに

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~
 




有田焼の絵付師だった義兄が作った千代紙人形。

玄関に飾っている10cm足らずの小さな人形ですが、

何となく存在感があり気に入っています。


今月初めの姉の三回忌の折にも小さな額に入れた千代紙人形をもらいました。

千代紙人形2(2011.04.20)



「へやほう」の仲間入りしました。

へやほう(2011.04.20)



義兄は有田の代表的メーカーである香蘭社の絵付師でデザイナー
でした。義兄の父も有田焼の絵付けの伝統工芸士でした。

有田の少年野球の監督もしていて、釣り好きの陽気な義兄です。
難病を患い寝たきりになった姉を5年以上やさしく看てくれました。


1月24日の宏之の命日にもお参りに来てくれました。感謝。



姉の三回忌法要の日は、お参りを済ませた後途中で退席し、
サックスを持ってチャリティコンサート会場の「大町煉瓦館」
に向かいました。

地元のケーブルテレビが取材に来ていて、そこのHPで録画が
見られるようです。

大町煉瓦館チャリティコンサート

ここ数年、サックスは年に2・3回、演奏する時だけしか音出しをして
いませんので息切れが顕著。還暦で息切れはいただけませんので、
今年は少し音出しの回数を増やさなければ・・・。反省。


【ブログ紹介】 

浅野令子さんのボイスコーナー 4月17日

阿智胡地亭さんのShot日乗 4月18日


ありがとうございました。

続きを読む >>
残照 | 02:13:59 | Trackback(0) | Comments(1)
日本のかなしい歌100選、朝日歌壇、歌壇5月号に
     日本のかなしい歌100選(2011.04.18)

   終止符を打ちましょう そう、ゆっくりとゆめのすべてを消さないように
     
                      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 より ~




『日本のかなしい歌100選』 (著者 林 和清 淡交社)に、宏之の歌が

百選の最後の歌に選ばれている、と教えていただいたので、amazonに注文した。

今日届いた。

日本のかなしい歌100選2(2011.04.18)


『古事記』『万葉集』の古代から21世紀の現代までの歌を選び100首を紹介。

万葉・古今の歌人から牧水、啄木、一葉、与謝野晶子、塚本邦雄、、、

なぜか最後の百首目に笹井宏之。


「・・・彗星のように登場して、歌人やそれ以外の読者の注目をあつめてました。
 ・・・・・強烈な思いをひめながら、それを声高に主張することにはじらいを
 おぼえて、もっとも透明な詩の言葉でいたみをあらわした、というような、
 どの歌もそんなつつましい抒情が感じられます・・・・・・」


ありがとうございました。



友人から和子さんに、

「今日(18日)の朝日歌壇に加藤治郎さんが宏之さんの歌を紹介して下さっている」

との電話があり、朝日新聞を買ってきました。

朝日歌壇2(2011.04.18)

とても丁寧に、心に沁みるご紹介をしていただきました。


ありがとうございました。



いつも和子さんのことを気遣っていただいている東京の方から、

短歌月刊誌『歌壇5月号』で『てんとろり』の評を森本平さんが

書いて下さっていたとのことで、抜粋して速達で送って下さいました。

歌壇5月号4(2011.04.18)

歌壇5月号2(2011.04.18)

歌壇5月号3(2011.04.18)



今日だけで3名の方が宏之の歌をそれぞれの媒体でご紹介くださっていたものが

とどきました。


本当にありがとうございました。


ミモザ1(2011.04.16)
(写真:先週和子さんの友人からいただいたミモザ)


      拾ったら手紙のようで開いたらあなたのようでもう見れません

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~


残照 | 23:52:01 | Trackback(0) | Comments(4)
春の花・はな・ハナ
   柿右衛門窯枝垂桜(2011.04.14)

        桃色の花弁一枚拾い来て母の少女はふふと笑えリ

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~
 



柿右衛門窯の枝垂桜が見事に咲き誇っていました。

ここの桜を見るともうすぐ有田は陶器市。

何となくわくわく、そわそわ。


我家の周りを見回すと春の花・はな・ハナ・・・

ツツジ(2011.04.16)
ツツジ

八重桜(2011.04.16)
ソメイヨシノに代わりヤエザクラが咲き始めました。

シャクナゲ(2011.04.16)
シャクナゲ

スイセン(2011.04.16)
スイセン

ホトケノザ(2011.04.16)
ホトケノザ(でしょうか?)

春の花(2011.04.16)

春の花3(2011.04.16)

春の花2(2011.04.16)


あまり花の名前に詳しくありませんので・・・


八重椿(2011.04.16)
八重椿

アップルミントにテントウムシ(2011.04.16)

アップルミントにてんとう虫が。



そして、宏之のハナミズキも・・・


ハナミズキ(2011.04.16)


やっぱり、もうすぐ陶器市。


【ブログ紹介】

浅野令子さんのボイスコーナー 4月12日

らぷんつぇる** 4月13日

阿智胡地亭さんの非日乗 4月16日


ありがとうございました。 

残照 | 14:03:55 | Trackback(0) | Comments(3)
葉桜、そして
   葉桜と英山(2011.04.13)

          葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある    

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~
              
            「佐賀新聞」2008.5.29 掲載作品 (筒井宏之として)



また、この歌の季節になってしまいました。

今年の桜は花の命が短かったようです。

もう葉桜に・・・・・・



そして、代わりにシャクナゲが咲き始めました。

シャクナゲ(2011.04.14)



池の端には椿が・・・・・・

池の椿(2011.04.14)




裏庭の土手は萌葱色・・・・・・

   萌葱色の土手(2011.04.14)

       ぜつぼうが萌葱色していることにどうしてだれも気づかないんだ

                  ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~


残照 | 21:29:14 | Trackback(0) | Comments(0)
朝日新聞読書欄(4月10日)に
朝日新聞読書欄(2011.04.10)
      
      わたしへ
     次々と涙のつぶを押し出してしまうまぶたのちから かなしい

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 かたととん より ~ 
 



昨日(10日)の朝日新聞読書欄に歌人の穂村弘さんが、

宏之の第二歌集『てんとろり』と作品集『えーえんとくちから』

を紹介して下さいました。


2008年1月25日に第一歌集『ひとさらい』を上梓し、
その年の5月24日に福岡で「批評会」を開催していただいた。

ゲストの方を1名呼んでいただくことになり、その時宏之は
「穂村弘さんを」と即答したそうです。

このことを、主催していただいた加藤治郎さんは『てんとろり』
のあとがきで書いて下さっています。


この批評会にたくさんの歌人の方にお集まりいただいたこと、
穂村さんにお会いできたことをとても喜んでいました。
それと心身の調子を整えて何とかこの会に出席できたことが
何よりも嬉しかったのでは・・・・・・。

お集まりいただいた皆さまとの記念写真では、これまで見せた
ことがなかった最高の笑顔で写っていました。

彼の26年の人生の中で最も楽しかった一日ではなかったでしょうか。



穂村弘さんに心から感謝申し上げます。

宏之もきっと喜んでいることでしょう。
ありがとうございました。


昨日は朝から北九州市八幡区にある大谷会館で
「パドロニーニ 春の集い 碗琴コンサート」
に出かけてきました。

桜が満開で、会場の窓の外は春風に花びらが
はらはらと舞っていました。
花びらの乱舞に誘われるように、碗琴の響きも
はらはらと・・・・・・

ここちよいコンサートでした。


ひらはらといふ姓を持つ唄ひ手のゐてひらはらと声をだしをり

~ 筒井宏之  2006.7.20 「佐賀新聞」掲載作品より ~

 


【ブログ紹介】 

「浪漫」 夢雪さん  4月5日 

「dawn chorus」 いつのえみさん  4月10日 

ありがとうございました。



【新聞掲載】

3月28日(毎日新聞 文化面 ことばの森から)
毎日新聞(2011.03.28)

      

3月6日(松本市 市民タイムス)
松本市市民タイムス(2011.03.06)


ありがとうございました。

 

残照 | 05:08:58 | Trackback(0) | Comments(1)
笹音のイラスト・我家の猫さんたち(2008年)
     笹音イラスト(2008.10.15)

      初めての草むらで目を丸くして何かを思い出している猫

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ひときわながいやすみ より ~
 



宏之のメーリングリストの方からのメール。

携帯の中から
「これがでてきたわ。
 2008年10月15日、ふたごちゃん誕生日に、 
 笹音さんが描いたおうちの猫。
 見つけた時、はっとしました。
 ともき」


ともきさん、ありがとうございました。


宏之はメモ帳やノートの端に、よくイラストを描いていました。
特に我家の猫さんたちや私たち家族の寝顔やさりげない仕草を
描いていました。

ほのぼのとした絵で、特徴をよく捉えていて、思わずにっこり。


ちなみに、左からごんちゃん、みーたん、のんちゃん。


ごんちゃん
(写真:ごんちゃん)

みーたん
(写真:みーたん)

のんちゃん
(写真:のんちゃん)



今日4月8日は「花祭り」。お釈迦様の誕生日でした。

有田陶器市・品評会が始まった場所である桂雲寺の花祭りに
呼んでいただき、碗琴を演奏してきました。

今から9年前、平成14年8月から碗琴の演奏活動を始めましたが、
その年の9月に初めて「碗琴」という名前をつけて演奏会を開催した
私にとっても、碗琴演奏活動の原点ともいえる大切な場所です。

当時のことを振り返りながら、初心に帰って心を込めて演奏しました。

皆さまにとても喜んでいただきました。


甘茶を振舞われ、ここでも被災された方々への募金活動をなさって
いました。

明後日は朝から北九州市の方へ碗琴演奏に出かけます。


有田陶磁の里プラザ(2011.04.07)
(写真:有田陶磁の里プラザ 満開の桜:2011.04.07)

昨日の有田陶磁の里プラザの桜は満開で、春風にはらはらと
花びらが舞っていました。


散る桜 残る桜も 散る桜  ~ 良寛辞世の句より ~

残照 | 23:36:52 | Trackback(0) | Comments(1)
六分咲き
   我家の桜(2011.04.05)

         花冷えの竜門峡を渡りゆくたつたひとつの風であるわれ

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~
            
           「佐賀新聞」2007年4月19日掲載作品(筒井宏之として)





有田の桜はほぼ満開ですが、我家の桜はまだ六分咲き。

例年より半月遅いので、入学式の頃まで桜が見られるかも。



3日の日曜日は、姉の三回忌法要でした。

お参りを済ませてから、午後すぐに和子さんと一緒に
大町の煉瓦館に直行。

「チャリティコンサート」の最後の出演者として、今回は
約30分、テナーサックスを演奏してきました。

地元の方々によるハンドベル、オカリナ演奏など心あたたまる
コンサートでした。

「みんなでできることから始めよう」という参加者の心が一つ
になった手作りの素敵なイベントでした。

義援金も目標の額を超えたということでした。


   煉瓦館チャリティコンサート(2011.04,03)


地元のケーブルテレビも来ていました。

私もお役に立ててよかったです。



被災地の皆さんのところを訪ねて、碗琴が奏でられたら・・・

今、そう思っています。


残照 | 23:47:00 | Trackback(0) | Comments(2)
今日の桜
   桜1(2011.04.02)

      「はなびら」と点字をなぞる ああ、これは桜の可能性が大きい

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~





昨日、今日のあたたかい春の陽気に誘われて
我家の桜も一気に開花し始めました。

桜2(2011.04.02)


陽当たりがいい桜の木はもう2・3分咲き。

桜3(2011.04.02)

桜4(2011.04.02)




久しぶりに、ちょっと裏山に足を踏み入れてみました。


   竹林1(2011.04.02)

        こん、という正しい音を響かせてあなたは笹の舟から降りる

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 スモーク・アンブレラ より
 ~



   竹林2(2011.04.02)

        竹林3(2011.04.02)




椿が一輪

椿(2011.04.02)



ふきのとうが群生していました。
来年はもう少し早く来よう・・・

ふきのとう(2011.04.02)


竹林4(2011.04.02)


裏山といっても我家から40、50mのところ。

私も、宏之たちも小さい頃は「隠れ家」を作って
遊んでいました。


       桜5(2011.04.02)




(写真:2011.04.02 午前中撮影)

残照 | 16:33:34 | Trackback(0) | Comments(0)
ようやく桜が・・・
   我家の桜2(2011.03.31)

      挨拶の代わりにからだいちめんに花を咲かせてしまう曾祖母

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~



4月になりました。

昨年より半月以上遅れてようやくつぼみがゆるみ始め
桜の花がちらほらと・・・


(写真:我家の桜 2011.03.31撮影)



我家の桜3(2011.03.31)
(写真:我家の桜 2011.03.31撮影)


桜のつぼみ(2011.03.27)
>(写真:我家の桜 2011.03.27撮影)





野の花たちも。

野の花1(2011.03.27)

野の花2(2011.03.27)

すみれ(2011.03.31)

野の花4(2011.03.31)

すいせん(2011.03.27)



ふきのとうも・・・

ふきのとう(2011.03.27)



ようやく春が勢ぞろい。



   我家の桜(2011.03.27)

     木の間より漏れくる光 祖父はさう、このやうに笑ふひとであつた

               ~ 笹井宏之『てんとろり』 冬のよろこび より ~

                「佐賀新聞」2006.5.4 掲載作品(筒井宏之として)
      

 

    
のんちゃん(2011.03.31)


「そろそろ花見の季節か・・・」(のんちゃん)




【ブログ紹介】

HIDAMARI_0004の日記

ありがとうございました。

残照 | 03:00:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。