FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

誕生日(10月28日)
          ミニバラ(2010.10.28)


ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

  ~ 笹井宏之 『かばん』2008年1月オンライン歌会自由詠 より ~ 
 



昨日(28日)は和子さんの誕生日でした。

あいにく、早朝より福岡出張で夜遅く帰宅。
仕事が終わり地下鉄に乗ろうと福岡天神を歩いていると
とある花屋さんでミニバラが目に入りました。

和子さん、赤が好きなので、真紅の薔薇にしました。

かろうじて28日中に届けることができました。



          絵本(2010.10.28)


読みさしの本に真夏を挟み込み書棚のすこし奥にしまった

  ~ 笹井宏之 『かばん』2006年9月歌会自由詠 より ~
 


次男孝徳もプレセントの絵本を準備していました。
私の帰りを待ってくれていて、夜中に一緒に渡しました。

「ひぐまのあき」(絵と文 手島圭三郎)。


5年位前、和子さんがある会で朗読を頼まれ、手島圭三郎の「おおはくちょうのそら」
を取り上げました。絵本のスライドを映しながら、その物語と情景に合わせて孝徳が
曲をつけてくれました。
物語は9章からなり、プロローグからエピローグまで9つのシーン毎に、すばらしい曲を
作ってくれました。かなり完成度の高い作品だと私は評価しています。

朗読する当日の本番直前に最終的な曲が完成しCDを仕上げました。
もしかしてCDが間に合わない場合を考え、宏之がキーボードをかかえ、
会場でスタンバイしていました。
宏之は一緒にストーリーを何度も聞いていましたので、即興で演奏できました。

本番30分前に孝徳がCDを会場に届けました。


和子さんの朗読もすてきでした。


最近和子さんが孝徳の曲(CD)に合わせて「おおはくちょうのそら」の朗読を始めたので
そっと「ひぐまのあき」の絵本を取り寄せたようです。


     誕生日プレゼント(2010.10.28)


U-mmm・・・・

このプレゼントはどう見ても「孝徳の勝ち」です。


そして今日(29日)、もう一つすてきなプレゼントが我が家に届きました。

          生命の回廊Vol.2

『生命の回廊 VOL.2』(2010年11月発行)

編集・発行は伊津野重美さんです。

この本につきましてはまたあらためてご紹介します。


伊津野さん、ご執筆いただいたみなさま、関係者の皆様方に
心よりお礼申し上げます。


          へやほう(2010.10.28)


またまた、「へやほう」がにぎやかになってきました。


先週、買い換えたパソコンのメールとブログ作成の環境が
やっと整い、初ブログです。

まだ慣れていませんが、約一月不義理していたみなさまに
少しづつお詫びの返信を、と考えています。

今しばらくのご猶予をお願いします。
     

スポンサーサイト
残照 | 23:59:14 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad