FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

我家の「へやほう」 ~ 世界がやさしくあるためのメモ(パート2) ~
のんちゃんの日向ぼっこ


ここちよい虚構 あなたが包帯のかわりに猫をまく春の夜の

~ 笹井宏之 『世界がやさしくあるためのメモ』より ~





世界がやさしくあるためのあとがき (後半)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏に有田に行って笹井君とご両親にご挨拶をしてから、いよいよ
本格的にとりかかりました。

困ったときには、へやほうへやほう、とこころでつぶやいていました。
いったい、なんのことかと思われるでしょう?
笹井君のあみだした呪文です。成り立ちはさておき、へやほう、と
口に出すと肩の力が抜けるのを発見して、へやほうへやほうやって
いきましょう、なんて言っていたんです。
へやほう。さすが笹井。

成り立ちはさておき、なんて言っておきながら、やっぱりネタばらし
すると、へやほうとは「部屋宝」と書きます。笹井君が、大切なもの
の話をしているとき「家宝……でもぼくの部屋だから、へやほうかな」
と言っていたので「部屋宝」、ですよね。
それを思うと、この本は、わたしのへやほうです。
みなさまのへやほうの中のひとつにも、していただけたらうれしいです。

笹井君、笹井君のご家族のみなさま、仕掛け人兼デザイナーの小春川さん、
写真を提供してくださった弘江さん、そしてここまで読んでくださった
みなさまに、感謝をこめて。

日野やや子



宏之は26歳で旅立ちましたが、心身の病が重くなった15歳の夏から
一番多感な10年間の殆どの時間を自分の「部屋」で過ごしました。

自分の「部屋」が、「家」であり「世界」でした。


「部屋宝」・・・・・・、「へやほう」・・・・・・




何度かこのブログでも紹介しましたが、この一年、たくさんのすばらしい
出会いがありました。

そして、この半月でまた、すてきな出会いがいくつかありました。


2週間ほど前、ムムリクさまに出会いました。
出会いのきっかけを作ってくださったのは、5月11日のご自分のブログで
宏之の短歌を紹介してくださった阿智胡地亭様

阿智胡地亭様には数ヶ月前にも宏之のことを紹介していただき出会いました。

宏之の短歌が連日「ムムリクさんのART日記」に、とてもすてきなページになって
綴られています。


そして、昨日は福岡でこどもたちを守る活動をなさっているCAP・Groupえふ様
に出会いました。
5月29日のブログ「千年の初夏の風」で宏之の短歌と
3月25日の「しあわせ」で宏之の詩とこの『些細』のブログを
紹介して下さってました。


昨日は東京からお二人有田を訪ねて下さいました。
(次回ご紹介します)



我家には、皆さまからいただいた心のこもった「へやほう」
がたくさんたくさんで、ただただ感謝です。



(写真は初登場、我家の末っ子「のんちゃん」。日向ぼっこ中です)

スポンサーサイト



残照 | 20:47:12 | Trackback(0) | Comments(5)