■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アーカイブ
英山(H22.2.28撮影)


「すばらしい天気なものでスウェーデンあたりのひとになってます。父」

「いま辞書とふかい関係にあるからしばらくそっとしておいて。母」

~ 笹井宏之『ひとさらい』より ~


今日の有田は穏やかな日差しにつつまれ、すばらしいお天気でした。


先週と先々週、お二人の方(笹音の友人)からメールを頂戴しました。
お一人は4年ほど前にブログを使って「短歌交換日記」をなさっていた
方から。宏之から自分の短歌のコメントを聞くことが殆どなかったので
しみじみと読ませていただきました。

もうお一人はML仲間の方から、「笹音語る(2008年2月4日)」という
宏之の「独り言」を、MLのアーカイブから探して送って下さいました。
照れ屋の宏之は、(本音を語るとき)よく関西弁(風?)で話しかけてきました。

ともに、宏之の生の声が、表情が、生前の日常が伝わってきました。
宏之そのものでした。

お二人からあたたかいコメントが添えられていました。

「ご家族の話や猫ちゃんの話をいつも楽しそうにしておられました」

「今も笹音さんは大事な仲間です」


本当にありがとうございました。また、涙がでそうです・・・・・・。


【2006/07/21 23:42】
一日目
はじまりのことばがゆびのあいだからひとひらの雪のように落ちた
笹井宏之

真夏だというのに、
なにかを綴ろうとすると
雪のイメージが湧いてくる。

ゆうなぎ手帖、一日目。

のんびり、好きなように書いてゆきたい。


【2006/07/23 15:39】
日曜日
息抜きをしているひとに栓をする すべてがぬけてしまわないよう
笹井宏之

父は激務に追われている。
たぶん、人気のあるアイドル歌手ぐらい忙しい。

会社勤めで、華やかなところへ出ることは滅多にないけれど、
正しいと思ったことのためにだけ、働いている。

日曜、テレビの前でくたくたになっている父へ
冷たい麦茶をいれてやった。

* * *

さてさて、彩さんとの歌詠みユニット「風鈴」、ちらほら鳴りはじめました。
些細だけれど、いろどりにあふれた場所になりますように。

-------------------------------
笹音語る(2008年2月4日)

引用
-------------------------------
イチローの凄いとこは、子どもらの夢になっとるちゅうところや。
きょうび、こんなふうなりたい! 思われてるオトナ、少ないと思うねん。

ベタやけど、夢って大切やと思う。
世の中、いろいろ悲しいこととか、目をおおいたくなる事件とか、ぎょーさんあ
るけど、それでも、こんな楽しいことがあるんや! こんなきれいなもんがある
んや! わーるど・いず・びゅーてぃふるや! って子どもたちに伝えてゆきた
い。

夢と希望、なんや漫画の戯れ言みたいやけど、それを与えるんが、オトナの役割
とちゃうんかなぁ……。
野球やのうても、歌でも、詩でも、なんでもええ。
子どもが心底、それこそ読んで字のごとく夢中になれるもんがあったら、ええね
んけどなぁ……。

でも、そういう純粋な子って、いまの世の中、生きづらいみたいやわ。

子やのうて、オトナもそう。
ただしくて、あたりまえで、まっとうなひとが、馬鹿見てまう。

そういうひとたちに、アンタまともやで、大丈夫やで、心配せんときや、って言
葉をかけられるような、職につきたいわ。

まあ、病気よくなってからやけどなぁ。
なんや言うの恥ずかしゅうて、関西弁になってしもうたわ。

独り言と思うて聞き流してくださいー<(_ _)>

-------------------------------
筒井孝司さま。

【些細】ブログの記事、読ませて頂いております。MLメンバー全員も読んでいます。
私たちの「歌の花束」の写真を使ってくださり、感謝しています。
MLのアーカイブから探していました。

今も笹音さんは大事な仲間です。

ともき

-------------------------------

写真は宏之がよく登っていた「英山(はなぶさやま)」です。
今日の午後、撮りました。

宏之は山が好きでした。



スポンサーサイト
残照 | 17:35:20 | Trackback(0) | Comments(6)
歌の花束


しっとりとつめたいまくらにんげんにうまれたことがあったのだろう

               ~笹井宏之『ひとさらい』より~


昨日の明け方、初めて宏之の夢をみました。
この一年、夢に現れることはありませんでした。

思いっきり抱きしめました。

思いっきり泣きました。

しばらく涙を忘れていました。
哀しみの感情を押し込めていた自分に気が付きました。


昨日は一日中、宏之と一緒でした。

大分の方から詩集がとどきました。
SaSa-Note を繰り返し聴いていました。
詩を読んでもCDを聴いても、
宏之の面影が浮かび、声が聞こえて、
自然と涙がでました。

昨日は一日中、宏之と一緒でした。

うまく言えませんが・・・・・・
溢れでる涙に、未だ立ち直れていない自分に、
宏之との距離がまだ近いことに、
少し嬉しくなりました。


(写真)「歌の花束」
宏之(笹音)のMLメンバーの皆さんが、お一人おひとり
「歌の花束」を紡いでくださいました。
1月24日の追悼コンサートの時に、メンバーを代表して
広島の方がわざわざ届けてくださいました。

丁寧に咲かせてくださいましたこの花たちは
いつまでも枯れることはありません。

私たちの涙も、宏之への思いも・・・・・・



残照 | 00:50:04 | Trackback(0) | Comments(8)
お礼
コンサートプログラム


それは明日旅立ってゆく人のゆめ こうのとりには熱いポトフを       

~笹井宏之『ひとさらい』より~



昨年旅立ちました長男宏之の一周忌にあたる1月24日、
有田ポーセリンパーク内のツヴィンガー宮殿にて
「碗琴コンサート」~筒井(笹井)宏之に捧ぐ~ 
の追悼コンサートを開催いたしましたところ、
皆さまご多用中にもかかわりませずたくさんの方々に
お集まりいただき、まことにありがとうございました。

宏之は小さい頃からピアノに親しんでおりましたこともあり、
18から19歳にかけて、また22から23歳にかけての
短い期間ではありましたが、いくつかの楽曲を残してくれていました。

その足跡を辿ってみると、楽曲の創作に勤しんだ時期と
短歌を詠んだ時期が微妙に交差していることがわかります。

自分の中からほとばしり出るものが
時として音楽であり、ことばだったようです。
自分の体と心の調子を整えながら、
音を、そしてことばを紡いでいたようです。

二十六年という短い一生ではございましたが、
心身の病と闘いながらも懸命にそして丁寧に生きてくれました証として、
いくつかの短歌と楽曲を残してくれました。

私たちにとりまして、たいせつな宝です。

この一年、みなさまから賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに、
今後とも変わらぬお付き合いとご指導を賜りますようお願い申し上げます。


筒井(笹井)宏之の短歌と音楽がいつまでもみなさまの心に残ってくれますことを願って


                             


(写真:追悼コンサートプログラムの表紙)

残照 | 00:24:47 | Trackback(0) | Comments(10)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。