■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

訂正
F1000592.jpg
4月12日の記事をすこし訂正しました。
この花は、マーガレット、だったっけ。


(photo:08/4/7/山のサナーレ・クリニック中庭)

日記 | 19:48:44 | Trackback(0) | Comments(2)
笹井宏之歌集『ひとさらい』を語る会のご案内
F1000532.jpg
こんにちは。
イベントのお知らせです。

このたび、拙歌集『ひとさらい』の批評会を
ひらいていただくことになりました。

場所は福岡。
ゲストに穂村弘さんをお迎えします。

ご参加のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



           記



【日時】 5月24日(土曜)14時受付開始

    ・語る会 14時20分~17時30分
 
    ・懇親会 18時~20時

【批評会場】 八重洲博多ビル3F 会議室6
http://www.kyushu-yaesu.co.jp/hall/index.html

最寄り駅 福岡市地下鉄空港線 博多駅 徒歩5 分
福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目18-30
TEL: 092-472-2889


【懇親会会場】 後日お知らせします。


【語る会内容】 パート1 穂村弘と語る『ひとさらい』 (聞き手 加藤治郎)

          パート2 フリートーク


【会費】 批評会1,500円 / 懇親会4,500円

*批評会にはミネラル・ウォーターが付きます(持ち込みは、お持ち込み料発生)
 

【主催】 グループ彗星


【申込み先メール】 加藤治郎

お手数ですが、件名を「ひとさらい批評会申込み」とし、
下記の項目と、A、B、Cのいずれかを明記のうえお申し込み下さい。
   

・お名前          
・ご住所
・所属(結社・同人誌・グループ等)


A、批評会と懇親会に出席

B、批評会のみ出席

C、懇親会のみ出席


勝手ながら、準備のため、出欠のお返事は5月15日までにお願いいたします。
それでは、どうぞよろしくお願いいたします。


歌集『ひとさらい』の購入はこちら←click!)から。



(photo:2008/2/11/mifuneyama)

日記 | 00:59:48 | Trackback(0) | Comments(7)
良い本。
一人で始める短歌入門 (ちくま文庫 ま 32-1)一人で始める短歌入門 (ちくま文庫 ま 32-1)
(2007/06)
枡野 浩一

商品詳細を見る

ぼくは、いまは短歌を書いているけれども
20歳過ぎまで、ほとんど文学にふれてこなかったので
“短歌になんて興味がない”ひとの気持ちが、よくわかる。

わかるからこそ、たくさんのひとに読んでもらいたい。
枡野さんの本の“おもしろさ”にふれてほしい。

初心者にも、ベテラン歌人にも
短歌を知らないひとにも、
強くおすすめしたい一冊です。





抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2008/03/20)
笹 公人

商品詳細を見る
笑える短歌、というイメージが強かった
これまでの笹さんの作品集に比べ
笑いの比率が抑えられていて
抒情の比率がぐんとあがっている歌集。

 隣町のピアノ教室燃えている そのけむり 赤 恋のごとくに。 笹公人

 夕ぐれの商店街ですれちがうメトロン星人ふりむくなかれ 〃

 置き忘れの口紅ひとつ 岐阜県の山奥に老いる口裂け女 〃


このような歌に、笹さんの歌人(作り手)としての可能性、
あたらしいものを生み出そうとしている意欲を感じます。
笹さんの動向に、ますます目が離せません。





笹公人の念力短歌トレーニング笹公人の念力短歌トレーニング
(2008/04)
笹 公人

商品詳細を見る
笹公人さんの短歌プロジェクト、
笹短歌ドットコム←click!)を書籍化されたものです。

まだ届いていませんが、フライングで紹介!
ぼくの短歌もたくさん紹介されているとのこと。
とてもたのしみです。






笹井宏之歌集『ひとさらい』のほうも、よろしくお願いいたします。

日記 | 00:48:11 | Trackback(0) | Comments(0)