■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
089:無理(笹井宏之)
ありったけの安心感を差し出してあなたは無理のあることをした

スポンサーサイト
題詠blog | 10:57:10 | Trackback(0) | Comments(0)
088:銀(笹井宏之)
水銀に熱のいちぶをわけながら目蓋のうらへ呼び起こす雪

題詠blog | 10:55:43 | Trackback(0) | Comments(2)
087:朗読(笹井宏之)
どちらかが詩になったならすみやかに朗読を開始する約束

題詠blog | 10:54:32 | Trackback(1) | Comments(1)
086:メイド(笹井宏之)
花束をオーダーメイドするようにいくつもの愛し方を試す

題詠blog | 10:53:12 | Trackback(1) | Comments(0)
085:富(笹井宏之)
富だけを持つひとたちが哀しみの椎茸を金盥で洗う

題詠blog | 10:51:50 | Trackback(0) | Comments(0)
084:世紀(笹井宏之)
半世紀かけて森林公園と海浜公園が愛しあう

題詠blog | 10:50:33 | Trackback(1) | Comments(0)
083:拝(笹井宏之)
恋人の顔が礼拝堂であることに気づいて思わず拝む

題詠blog | 10:49:22 | Trackback(0) | Comments(0)
082:整(笹井宏之)
もともとはふたりはおなじ骨でした 整骨院に降る蝉時雨

題詠blog | 10:47:37 | Trackback(1) | Comments(2)
081:硝子(笹井宏之)
硝子戸を打つ粉雪のように夏、どこかで殺人事件が起こる

題詠blog | 10:46:25 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。