■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

080:響(笹井宏之)
どちらからともなく音になりすまし夜の海へと響いていった

題詠blog | 18:54:20 | Trackback(0) | Comments(6)
079:芽(笹井宏之)
おむかいの倉本さんが発芽しているので水を買わねばならぬ

題詠blog | 18:52:59 | Trackback(1) | Comments(0)
078:予想(笹井宏之)
予想したとおりに自動ドアはあき建物がわたしを取り込んだ

題詠blog | 18:51:40 | Trackback(0) | Comments(0)
077:針(笹井宏之)
釣り針に路面電車がひっかかりあわてて糸を切ったのでした

題詠blog | 18:49:29 | Trackback(1) | Comments(0)
076:あくび(笹井宏之)
あくびするあなたの横を爆撃機のように飛び立つ鳩の一群

題詠blog | 18:47:52 | Trackback(0) | Comments(2)
075:打(笹井宏之)
東から釘打ちさんがやってきて私の脆い部分を打った

題詠blog | 18:46:09 | Trackback(1) | Comments(0)
074:水晶(笹井宏之)
水晶をくちにふくんでどこまでもあなたの着信履歴を辿る

題詠blog | 18:44:57 | Trackback(0) | Comments(0)
073:トランプ(笹井宏之)
トランプをうらがえしてはみずうみに達してしまうあかときのゆび

題詠blog | 18:43:07 | Trackback(0) | Comments(0)
072:箱(笹井宏之)
箱になるまえの私に会いたくて思い切りあけてもらいました

題詠blog | 18:41:16 | Trackback(0) | Comments(0)