FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

惜春
  和子さん3(2020-03-29)

     わがうちに散る桜あり 君の名を呼ぶとき君はきらきらと風   2006.4.27

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




春風にはらはらと桜の花びらが舞っています。

先月21日に開花して約半月。
枝の高いところはまだ花びらを残していますが、だいぶ葉桜になってきました。


  桜1(2020-04-03)
  桜3(2020-04-05)

  桜2(2020-04-05)

     一陣の風受けしのちしずもれる若葉のあひを桜散りゆく   2007.4.26

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




庭は桜の絨毯が敷き詰められています。


  桜絨毯2(2020-04-03)
  庭と煙突1(2020-04-03)
  桜絨毯3(2020-04-03)


池の水面にも桜の花びらが浮かんでいます。


  桜・池1(2020-04-05)
  桜・池2(2020-04-05)
  桜・池4(2020-04-05)



  和子さん8(2020-03-29)

          桃色の花弁一枚拾い来て母の少女はふふと笑えり  

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




歌人の笹公人さんが3月29日のtwitterで宏之が笹さんに書いたお礼の葉書を
紹介して下さいました。

 ずっと探していたのに見つからずにいた笹井宏之くんからの葉書が、
 掃除中にひょっこり出てきた。
 日経新聞に書いたエッセイ「一輪の花」の葉書。
 笹井くんの人柄が滲み出た文面と、儚くも優しいイラスト。
 一生の宝物にします。
 あの日もこんな寒い日でした。


  笹さんへの葉書
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)


2019年2月13日 日経新聞夕刊 エッセイ 「一輪の花」
  日経新聞(2019-02-13)
    ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)


  桜5(2012-04-07)


笹さん、ありがとうございました。



  桜6(2016-04-04)

       「はなびら」と点字をなぞる ああ、これは桜の可能性が大きい

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~




今年の春は桜を愛でる気持ちの余裕がありませんでした。

行く春を惜しみながら、来年は桜を心ゆくまで楽しめる春でありますよう
願わずにはいられません。


 
  くーちゃん2(2020-04-03
  くーちゃん3(2020-04-03)


 行く春や・・・


  桜と月1(2020-04-04)
  葉桜1(2020-04-03)
  

  和子さん2(2020-03-29)

        葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~ 


スポンサーサイト



未分類 | 19:27:10 | Trackback(0) | Comments(0)
ねむらない樹vol.4
  ツバキ5(2020-01-30)

       ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~





本日、2020年2月1日発行の短歌ムック「ねむらない樹 vol.4」(書肆侃侃房)が届きました。


  ねむらない樹vol4表紙


ちなみに、本のタイトル「ねむらない樹」は上述の一首より取られています。

今回の特集は「第2回笹井宏之賞」発表!
有効応募総数は408篇で、その中から大賞2篇、選考委員の各個人賞5篇が
選ばれました。

第3回笹井宏之賞の募集要項も掲載されています。


  ねむらない樹vol4(1)
     (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)


今回の「笹井宏之への旅④」の<私の選んだ一首>は枡野浩一さんが
書いてくださいました。そして、次の一首を選んでくださいました。

   別段、死んでからでも遅くないことの一つをあなたが為した 
                             笹井宏之『ひとさらい』



ありがとうございました。

枡野さんは宏之が大変敬愛した歌人のお一人です。

たまたまですが、今回私が書かせていただいた「短歌との出会い、人との出会い」でも
宏之が枡野さんに抱いていた思いを綴らせていただきました。


  ねむらない樹vol4(2)
    (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
  ねむらない樹vol4(3)
  ねむらない樹vol4(4)
    (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
  ねむらない樹vol4(5)



   ツバキ1(2020-01-30)
 
       冬椿枯れそめ、されどまぼろしの坑夫が夢を見る煉瓦館   2008.1.24

             ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~


未分類 | 18:22:41 | Trackback(0) | Comments(0)