FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

名残り雪
  山茶花2(2021-02-18)

     冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆ あたたかい

       ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~




昨日からの雪で早朝から一面の銀世界。

寒い一日でした。


  門3(2021-02-18)
  雪景色3(2021-02-18)
  足跡2(2021-02-18)
  足跡3(2021-02-18)

   どこまでも世界にひとりということのわが影連れて雪道歩む  2006.1.26

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



昼過ぎには10~12cmほどの積雪があり、1月の大雪の時よりも
積もりました。
雪の結晶も見られました。


  メジャー5(2021-02-18)
  車1(2021-02-18)
  雪の結晶2(2021-02-18)
  雪景色6(2021-02-18)
  雪景色5(2021-02-18)

      雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ

         ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




福岡の歌人、恒成美代子さんがご本人のブログ『暦日夕焼け通信』の
1月24日(日)に「本日は笹井宏之さんの祥月命日」
で宏之のことを
綴ってくださいました。
2008年5月24日に福岡市で開催された「歌集『ひとさらい』を語る会」
にも出席されていて、その時のことを次のように語られています。

歌集『ひとさらい』が刊行されたのは2008年1月25日であり、その年の
5月24日に「穂村弘と語る『ひとさらい』(聞き手)加藤治郎)」のイベントがあった。
第一歌集を出して、これからがたのしみな期待される笹井さんだった。
(中略)
そして、懇親会でのエピソードといえば、穂村さんが『ひとさらい』の歌集を出して、
笹井さんに署名をして貰っていたことだ。わたしも歌集の扉に歌を書いていただいた。
たいせつな思い出である。

   風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける

        『てんとろり』(2011年1月24日 書肆侃侃房)


  photo_20210123223501



今年はよく雪が降り積もりました。

おそらく今日の雪が名残り雪・・・・・


  庭1(2021-02-18)
  英山1(2021-02-18)
  煙突1(2021-02-18)

  雪景色2(2021-02-18)

         南極のとけなくなった雪たちへ捧ぐトロイメライの連弾

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~  


スポンサーサイト



残照 | 20:16:40 | Trackback(0) | Comments(0)
梅咲う
  白梅3(2021-02-07)

  咲き初めし梅のニュースをくはへつつポストは雪を眺めてゐたり  2008.2.21

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




立春も過ぎ、いつものウォーキングコースのあちこちで梅の花がほころんでいます。


  白梅5(2021-02-07)




先人陶工碑の傍らには水仙がつつましく咲いていました。


  スイセン1(先人陶工碑)(2021-02-07)
  スイセン5(2021-02-07)タテ

  スイセン4(2021-02-07)

       水仙にアイスピックを突き立てて祈りのような言葉を吐いた

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~





1月30日(土)の佐賀新聞読者文芸の貞包雅文さん選の短歌一席は
佐賀市の方の歌でしたが、我家では驚きの一首でした。

  読者文芸(2021-01-30)
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)

子規、笹井、晶子とあき子、万智、茂吉、修司、松男を歌の師として

正岡子規、与謝野晶子、馬場あき子、俵万智、斎藤茂吉、寺山修司といった
私でも知っているそうそうたる歌人の皆さまと一緒に笹井宏之の名前を歌の師の
一人に挙げていただいていることに驚くと同時にありがたくもありました。

宏之が短歌を詠んだ時期は4年と数ヶ月でしたが、その作品がたくさんの方に
影響を与え、亡くなって12年経った今でも歌人の方だけではなくいろいろな分野の
方々に取り上げていただき、慈しんでいただいていることに只々感謝です。



佐賀新聞読者文芸2月 詩 第二席 「回転木馬」 筒井孝徳
  読者文芸2021年2月詩二席「回転木馬」
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)




佐賀新聞「こちらさがS編集局」(2月5日)で短歌ムック『ねむらない樹』Vol.6
(書肆侃侃房)を紹介していただきました。
特集の第3回「笹井宏之賞」の発表と連載「笹井宏之への旅」⑥の笹公人さんと
私の文章のことも紹介して下さいました。

  「ねむらない樹」vo6表紙(2)

花木さん、ありがとうございました。


  
  英山1(2021-02-07)
  ( ↑ 英山) 
  泉山磁石場1.
  ( ↑ 泉山磁石場)
  泉山相撲場1(2021-02-07)
  ( ↑ 泉山相撲場)



泉山磁石場から相撲場、ゲートボール場へ登り、テニスコートの傍らには
ネコヤナギが咲いていました。

春の足音が近づいてきています。


  ネコヤナギ2(2021-02-07)

  ネコヤナギ1(2021-02-07)

   ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~
       


残照 | 19:12:23 | Trackback(0) | Comments(0)
如月の宵
  くーちゃん1(2021-01-31)

       ここちよい虚構 あなたが包帯のかわりに猫をまく春の夜の

    ~ 笹井宏之 『てんとろり』 世界がやさしくあるためのメモ より ~




今日から如月。

昨日から寒が少し緩み、今日は朝から雨でした。


この頃はすっかり我家の一員になったつもりのくーちゃん。
一日中、私の寝床でリラックスしています。

  くーちゃん6(2021-01-31)



一昨日、2月1日発行の短歌ムック「ねむらない樹」vol.6(書肆侃侃房) が届きました。
今回の特集は「第3回笹井宏之賞発表」。
応募総数533篇の中から、大賞1名と個人賞として5名の審査員賞の作品が決定しました。

連載「笹井宏之への旅」⑥は歌人の笹公人さんが執筆して下さいました。
「私の選んだ一首」に次の歌を引いて下さいました。 
ありがとうございました。
 

   天井と私のあいだを一本の各駅停車が往復する夜

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 より  ~



私も前号に引き続き、「宏之の短歌が生まれた場所、人」②を寄稿しました。

   八月のフルート奏者きらきらと独り真昼の野を歩みをり

   ふるさとは唄そのものであるゆゑに今宵も我はうたはれてをり

     ~ 笹井宏之 「八月のフルート奏者」 より ~



  「ねむらない樹」vo6表紙(1)
        ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓ )
  「ねむらない樹」vo6(1)
       ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓ )
  「ねむらない樹」vo6(4)
   ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  「ねむらない樹」vol6(6)

第4回笹井宏之賞の募集要項も掲載されていますが、今回(第3回)の応募者533名
の内訳は、10代33名、20代236名、30代134名、40代73名、50代34名、60代11名、
70代8名、不明4名。最年少は14歳(最年長は79歳)、応募者の75%が10~30代
ということで、若手歌人の登竜門として定着しつつあるようです。


  装苑3月号(1)表紙
  装苑3月号(2).

     砂のない砂漠と水のない海と私をめぐる淡いかなしみ

    ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~



本日、書肆侃侃房田島社長が 「装苑」3月号を送って下さいました。

ミュージシャンの吉澤佳代子さんが歌集『てんとろり』(書肆侃侃房)を
紹介して下さってました。

ありがとうございました。

  装苑3月号(3).
          ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります )



西日本新春読者文芸 2021年 詩部門 二席「あたらしいこと」 筒井孝徳
  西日本新春読者文芸2021年二席「あたらしいこと」(1)
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)

佐賀新聞読者文芸2021年1月 一席 「青い果実」 筒井孝徳
  佐賀新聞読者文芸2021年01月一席「青い果実」(1)
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



  くーちゃん5(2021-01-31)タテ

  満月2(2021-01-30)

      月光に水晶体を砕かれてしまひさうなるきさらぎの宵  2007.2.15

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~


残照 | 20:16:48 | Trackback(0) | Comments(0)
十三回忌
  スイセン1(2021∸01∸24)

      風という名前をつけてあげました それから彼を見ないのですが

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~




突然の旅立ちから12年の歳月が流れました。

今日は宏之の祥月命日、十三回忌です。


  仏壇1(2021-01-24)



今年も親しい友人、知人より生花が届きました。

いつまでも変わらないあたたかい心遣いがとてもうれしいです。

ありがとうございました。


  生花(白)3(ヨコ)
  生花8(順)

  生花(白)5(ヨコ)

     鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も  

         ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~    




宏之の本棚に角川短歌の2012年(平成24年)2月号があったので
ページを捲ってみたら、伊藤一彦さんと加藤治郎さんが宏之の短歌を
紹介してくださっていました。

  角川短歌(2012年2月)表紙
    ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  角川短歌(2012年2月)(1)
    ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  角川短歌(2012年2月)(2)


今年もTwitterでいろいろな方がハッシュタグ #sasai0124 で宏之の短歌を
引いて下さっています。

ありがとうございました。


  夕景1(2021-01-14)

      西の空に巨大な顔が浮かんでいて日に一度だけ目配せをする

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~


残照 | 18:02:47 | Trackback(0) | Comments(4)
雪景色
  メジロ1(2021-01-06)

      ひろげたら羽根がいちまい落ちてきてそれから軽くなったつまさき

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~



雪の日が4日続いていますが、ようやく午後になって屋根の雪が解け始めました。

メジロも陽気に誘われ中庭に顔を出しています。


  雪解け4(2021-01-10)
  雪解け2(2021-01-10)タテ
  メジロ3(2021-01-06).JPG


今日(10日)の佐賀新聞の「マイブック」というコーナーに伊万里市の松本さんが
宏之の歌集『ひとさらい』(BookPark)を紹介してくださいました。
ありがとうございました。

     ( ↓ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  佐賀新聞「ひとさらい」紹介(2021年1月10日)

      表面に <さとなか歯科> と刻まれて水星軌道を漂うやかん
    
        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 くらげ発電 より ~


      真水から引き上げる手がしっかりと私を掴みまた離すのだ

     ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~
      

     

この歌集は2008年にBookPark社よりオンデマンド出版されましたが、ネットでしか
購入できませんでしたので、2011年1月24日、宏之の三回忌に合わせて書肆侃侃房
からも歌集『ひとさらい』を出版していただき、書店でも購入できるようになりました。



  雪道1(2021-01-09).
  雪の松2(2021-01-09)

    雪合戦しあつた頃の頬のいろ思ひだしつつ干し柿を食む   2009.1.29

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




有田で降雪が四日も続いたことはあまり経験したことがありません。

昨日は7~8cmの積雪があり、数年に一度の大雪でした。


  積雪(7㎝)1(2021-01-09)
  氷柱1(2021-01-09).
  雪煙突14(2021-01-09)タテ
  雪煙突1(2021-01-09)


西日本新春読者文芸で孝徳の詩「あたらしいこと」が第2席でした。
今日、西日本新聞社から賞状が届きました。

  西日本新春読者文芸(2021-01-03)詩2席「あたらしいこと」
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)  


佐賀新聞読者文芸1月の詩は一席でした。
短歌の方も2人の選者の先生がそれぞれ一首ずつ秀作に選んで下さっていました。

佐賀新聞読者文芸2021年1月詩部門一席 筒井孝徳 「青い果実」
読者文芸2021年1月詩一席「青い果実」
     ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



孝徳の2021年の作歌活動も順調にスタートしたようです。

明日(11日)は鏡開き。我家では毎年ぜんざいをいただきます。


  鏡開き1(2021-1-11)


新しい年が穏やかにゆっくりと幕を開けました。



  樹雪1(2021-01-09)
  樹雪5(2021-01-09)タテ  
  雪地蔵3(2021-01-09)

      雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


残照 | 19:55:23 | Trackback(0) | Comments(0)
迎春
  迎春3

   初春のよろこびなしと言ふひとへ迎へらるるがよろこびと説く  2009.1.15

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より
 ~



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

  迎春1(2021-01-01)



大晦日の雪は、コロナウイルスで大変だった2020年の災禍を浚うように
一面の銀世界でこの一年を締めくくってくれました。 


  雪の大晦日1(2020-12-31)
  雪の大晦日5(2020-12-31)
  雪3(2020-12-31)
  雪の朝11(2020-12-31)

    ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~   





  雪の朝4(2020-12-31)
  雪の足跡2(2020-12-31)
  雪の足跡3(2020-12-31)

   どこまでも世界にひとりということのわが影連れて雪道あゆむ  2006.1.26

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





大晦日の雪が残る2021年元旦。

煙突と井戸2か所、そして中庭の池の辺に鏡餅をお供えしましたが、
30分も経たないうちに、池を除く3か所のお供えはカラスのお年玉に
なってしまいした。

これも我家の元旦の恒例の行事です。


  迎春(煙突)(2021-01-01)1
  鏡餅7
  鏡餅と額1
  干支1
  纏ごよみ(2021)2.纏ごよみ(2021)5



英山も大晦日はうっすらと雪を頂いていましたが、元旦は雪も解けて
いつもの佇まいで有田の郷を見守っていました。

新しい年が穏やかな一年でありますように。


  英山1(2021-01-01)
     (↑2021年元旦の英山↑  ↓2020年大晦日の英山↓)
  英山1(2020-12-31)

      山嶺のようにあなたは立っている ひとみにうすいゆきをうかべて
  
          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~


残照 | 02:20:37 | Trackback(0) | Comments(0)
【Sasa-Note】- 笹井宏之楽曲集ー
  有田サンタクロース5

    灰色の手袋を買ふ この国のいたくぶあつき降誕祭に   2008.1.10

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




今年も11月中旬から有田の街にはサンタさんがやってきました。

今年は16ヶ所の煙突や建物に21人のサンタが登場。
夜にライトアップされるサンタさんもいます。
有田の冬の風物詩としてすっかり定着しました。



  Sasa-Note You Tube 2
  Sasa-Note You Tube 3

【Sasa-Note】-笹井宏之楽曲集ーが聴けなくなっていましたが、この度You Tubeで
聴けるようになりましたので、リンクを貼りました。

CDは次男孝徳が作ってくれていましたが、宏之の短歌を通じて知り合いになった方が
You Tube にアップしてくれました。15曲を作曲した年代ごとに3つに分けてあります。
 【Sasa-Note.1】:2001.~2002.8/1(18~19才) 6曲
 【Sasa-Note.2】:2004.9/1~2004.12/7(22才) 5曲
 【Sasa-Note.3】:2005.夏(23才) 4曲 


  Sasa-Note CD
   ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  SaSa-Note 笹井宏之楽曲集(圧縮版)


昨日、書肆侃侃房より笹井宏之歌集『てんとろり』第4刷(2020年12月30日発行)
が届きました。

  「てんとろり」第4刷表紙.
    ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります)
  「てんとろり」第4刷奥付



【Sasa-Note】のYou Tubeへのアップ、そして『てんとろり』第4刷の発行は
とてもすてきなクリスマスプレゼントになりました。


ありがとうございました。


  有田サンタクロース1


我家の煙突をめざして、サンタと一緒にサギもやってきます。
時には中庭にも飛び降りてきて、池の傍を闊歩しています。


  ゴイサギ10(2020-12-08)

  ゴイサギ11(2020-12-08)

   眠りから覚めても此処がうつつとはいふのは少し待て鷺がゐる  2008.3.27

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~





裏山の寒椿と玄関の山茶花が紅白で清楚に咲き競っています。

  寒椿2

  山茶花1(2020-12-20)

       咲くことの叶わなかった花たちはいま潮騒のなか、さくら貝

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~





     ポインセチア1

    Merry Christmas and Happy New Year !


残照 | 13:18:30 | Trackback(0) | Comments(0)
初雪
  初雪7(2020-12-15)

    はつゆきがはつゆきでなくなる朝の、やさしいひとがころんでしまう

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 成層圏 より ~



初雪が降りました。

先週は小春日和のおだやかな日が続いていましたが、
昨日から急に寒くなり、今日は朝から小雪が舞う一日
となりました。

昼前には我家の周りもうっすらと雪化粧しました。


  初雪11(2020-12-15)
  初雪12(2020-12-15)

  初雪10(2020-12-15)
  初雪16(2020-12-15)

        猫に降る雪がやんだら帰ろうか 肌色うすい手を握りあう

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




玄関の山茶花も綿帽子をかぶっていました。


  初雪山茶花4(2020-12-15)
  初雪山茶花2(2020-12-15)

 



筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 12月詩二席 「渦」
読者文芸2020年12月二席「渦」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



11月19日付け西日本新聞の西日本詩時評に岡田哲也さんが
孝徳の詩「「水族館の魚のように愛されて」を評して下さいました。
書肆侃侃房の詩誌「侃侃」34号の孝徳の詩3篇の中の1篇です。

  西日本詩時評(2020-11-19)
    (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります) 
  「水族館の魚のように愛されて」



2020年11月17日付け佐賀新聞で「第58回佐賀県文学賞」一席受賞者喜びの声が
紹介されました。

  佐賀県文学賞受賞者の声(2020-11-17)(1)
  (↓↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります) 
  佐賀県文学賞受賞者の声(2020-11-17)(2)
  
   コロナ禍の最前線にて天使にも戦士にもなる白衣の背    筒井孝徳




  初雪山茶花3(2020-12-15)白
  初雪山茶花6(2020-12-15)タテ

  初雪山茶花7(2020-12-15)

   冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆあたたかい
 
      ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~


残照 | 19:55:42 | Trackback(0) | Comments(2)
山茶花と朝顔
  山茶花5(2019-11-13)

      鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~




11月に入り玄関前の山茶花が咲き始めました。


  山茶花8(2020-11-13).
  山茶花1(2020-11-11)
  山茶花16(2020-11-10)(タテ)

  山茶花4(2019-11-13)

     ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日を下さい

       ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~





筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2020年11月 詩部門 一席 「推敲少年」
読者文芸2020年11月一席「推敲少年」
  ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



今年初めて、6月に鉢植えした朝顔が7月初めに咲き始めました。
朝顔は夏の花だと思っていましたが、11月に入っても小春日和に誘われて
まだ花を咲かせています。
西洋アサガオは開花時期が遅く8月下旬から11月下旬までだそうです。


  アサガオ2(2020-10-20).
  アサガオ1(2020-11-01)(タテ)
  アサガオ1(2020-10-28)



10月28日は和子さんの誕生日でした。
いつものようにショートケーキでささやかな誕生会。

  ショートケーキ1(2020-10-28)
  ショートケーキ2(2020-10-28)
  ショートケーキ3(2020-10-28)


孝徳から料理の本やCDのプレゼントがありましたが、一番のプレゼントは
孝徳の短歌が佐賀県文学賞短歌部門の一席だったことです。

  佐賀県文学賞詩一席(2020-10-24)
    ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



  山茶花5(2020-11-13)

      ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




  山茶花8(2020-11-10)
  山茶花10(2020-11-13) (タテ)

  山茶花2(2020-11-10)(ツボミ)

    つぼみより (きみがふたたびくるときは、七分咲きにはなっていたいな)

         ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


残照 | 20:27:30 | Trackback(0) | Comments(0)
秋の色
  コスモス1(2020-10-14)

     秋桜の千本あれば千本の影あり 園に夕暮れは来て   2005.11.3

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




7月中旬に裏山の竹を伐採中に股関節と膝を痛めて歩くことができませんでしたので
ウォーキングを中断していましたが、3ヶ月ぶりに再開しました。

散策路はすっかり秋の色に変わっていました。

  ススキ3(2020-10-14)
  ススキ4(2020-10-14)(タテ)
  紅葉1(2020-10-14)
  黄花2(2020-10-14)
  紅葉6(2020-10-14)

  紅葉2(2018-10-13)

   「あ、秋です」インターホンに告げられて郵便受けの楓一葉   2005.10.6

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~







筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2020年10月 詩部門 一席 「思想脳労 (しそうのうろう)」
読者文芸2020年10月一席「思想脳労 (しそうのうろう)」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



歩く道すがら「小さい秋」をあちこちで見つけました。


  クリ5(2020-10-14)
  クリ2(2020-10-14)
  どんぐり2(2020-10-15)
  野ブドウ1(2020-10-15)

  カラスウリ1(2020-10-14)

    からすうりみたいな歌をうたうから すごい色になるまで、うたうから

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 くらげ発電 より ~





やっぱりコスモスは秋の花の主役です。


  コスモス9(2020-10-14)
  コスモス4(2020-10-14)
  コスモス5(2020-10-14)

  コスモス白5(2019-11-09)

      ゆびさきのきれいなひとにふれられて名前をなくす花びらがある

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~





  枯葉1(2020-10-14)

  ススキ2(2020-10-14)

   はらはらと枯葉舞ひゐる国道を夏の背中が遠ざかりゆく    2006.9.21

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
 

残照 | 03:46:13 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ